テーマ別

トップページ>ショアジギング>陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

タグ: / /

アクセス 2016年11月18日

弓角とは?、弓角を使うときの仕掛け(弓角には「トレーラー」が必要・弓角を使うときの仕掛け)、弓角を使うときのタックル(ロッド・リール・メインライン・ハリス)、弓角の使い方(まずは遠投・着水したら早巻き・魚が掛かったら常にパワーでファイト・ナブラやボイルはチャンス)

目次

  1. 弓角とは
  2. 弓角を使用する際の仕掛け
  3. 弓角を使用する際のタックル
  4. 弓角のアクション方法
  5. 様々な弓角を紹介

弓角の使い方

まずは遠投

まずは砂浜や堤防から遠投してみよう。通常のルアーと同じキャスト方法で投げると仕掛けが絡まるので、投げ釣りの要領で投げるのがコツ。

特にサーフなどの広大なエリアでは、飛距離があればあるほど釣れる可能性が高くなると言っても過言ではない。以下の記事を参考にしてほしい。

目指せ200m! 投げ釣りにおける「遠投」のコツ

着水したら早巻き

仕掛けが着水したら、トレーラーが水面を波を立てて移動するスピードで早巻きする。非常にシンプルで簡単な釣り方だ。

魚の活性が高い場合は水面での早い誘いが有効で、表層で反応が無い場合には着水後少し沈めてからゆっくり巻いた方が効果的な場面もある。毎回微調整しながらベストなスピードとタナを探そう。

ボトムを狙えばヒラメやマゴチなどの嬉しいゲストが釣れることもある。

魚が掛かったら常にパワーでファイト

弓角はそのサイズからフックも大きくなく、ルアーのフックのように自由度もない。ゆえにテンションが抜けるとバレてしまうことが多い。ロッドを倒さずドラグで対処し、常にテンションをかけて釣り上げよう

長めのロッドを使っていれば、パワーとタメを思う存分使うことができる。少し強引なくらいでファイトしよう。

サーフの場合、ランディング時は一気にずり上げる。もたもたしていると波打ち際でバレてしまうので注意しよう。

ナブラやボイルはチャンス

ナブラやボイルが起こっている時は連発もできるチャンスタイム。ナブラを切るようにトレーラーを通したり、進行方向を通過すように投げると効果的だ。

ナブラの詳しい攻略法は以下の記事を参考にしてほしい。

シーバス釣りのチャンスタイム「ナブラ」や「ボイル」の攻略法

【次ページ:弓角の種類を紹介】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト