テーマ別

トップページ>ショアジギング>陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

タグ: / /

アクセス 2016年11月18日

目次

  1. 弓角とは
  2. 弓角を使用する際の仕掛け
  3. 弓角を使用する際のタックル
  4. 弓角のアクション方法
  5. 様々な弓角を紹介

弓角を使用する際のタックル

ロッド

遠くのナブラを狙うことが可能なため、当然遠投性能が高いものの方が釣果が上がる。25〜30号のオモリ負荷の投げ竿がおすすめだ。

ルアーロッドでも構わないが、遠投するために10ft以上のロッドが好ましい。パワーのあるシーバスロッドやショアジギングロッドを使用し、トレーラーは適合ウエイトの範囲内でチョイスしよう。

リール

遠投してからの高速巻きを繰り返すため、かなりハードな釣りになるサーフトローリングリールも高負荷に対応した大型リールや、投げ釣り専用のものがおすすめ。

あまりに小さいものは糸巻き量もパワーも不足しており、この釣りには向いてはいない。

メインライン

遠投するための飛距離と青物とファイトするための強度が欲しいので、PEラインを使おう。太さは1.5~3号を200m程巻いておけば問題ない。

リーダー、ハリス

フロロカーボンの5〜7号をハリスとして使う。細すぎるとメインラインやトレーラーとの糸絡みが激しくなるので注意が必要だ。

【次ページ:弓角の使い方】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト