テーマ別

トップページ>ショアジギング>陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

陸から狙う青物に効く! 日本古来のルアー「弓角(ゆみづの)」とは

タグ: / /

アクセス 2016年11月18日

弓角とは?、弓角を使うときの仕掛け(弓角には「トレーラー」が必要・弓角を使うときの仕掛け)、弓角を使うときのタックル(ロッド・リール・メインライン・ハリス)、弓角の使い方(まずは遠投・着水したら早巻き・魚が掛かったら常にパワーでファイト・ナブラやボイルはチャンス)

目次

  1. 弓角とは
  2. 弓角を使用する際の仕掛け
  3. 弓角を使用する際のタックル
  4. 弓角のアクション方法
  5. 様々な弓角を紹介

弓角を使用する際の仕掛け

弓角には「トレーラー」が必要

弓角は前方に「トレーラー」と呼ばれる飛距離を出すための重りをつけてキャストする。トレーラーを装着することで、サーフから100mほどの大遠投ができ、遠くのナブラを狙うことが可能になる。

トレーラーにはフローティングタイプとシンキングタイプの2種類があり、特にフローティングタイプはトレーラーが水面を音を立てて走ることで青物の捕食スイッチを入れ、弓角に興味を持たせることができる。シンキングタイプは魚が沈んでいる状況で深場を狙う場合に使用しよう。

専用トレーラーとして販売されているもののひとつにヤマシタ[YAMASHITA]の「遠投マウス」があるが、代用品として投げ釣りに使うジェット天秤を使用することも可能だ。

ジェット天秤は巻き速度によって表層から底層まで探ることが可能だが、表層をゆっくり巻きたい場合などには専用のものに軍配が上がる。

弓角を使うときの仕掛け

2015-11-09-19.03.20-720x540

弓角を使う際の仕掛けは非常にシンプル。投げ釣り用のジェット天秤や、専用のトレーラーの後ろにハリスとしてフロロライン5〜7号を2〜3mほど結びつけて弓角を装着しよう。

ハリスの長さが長い方が有効な場合もあるが、シーバスロッドなどで代用するときなどは短めの方がキャストしやすく、糸絡みなどのトラブルも少ない。

2015-11-09-19.03.51-720x540

弓角は、針先が向いている面からハリスを通し、コブを作るだけで簡単にセット可能。結び方はエイトノットなどでコブを作れば穴からすっぽ抜けることはない。抜けてしまう場合は、もう一度結んでコブを大きくしよう。

また弓角は水中で回転するので、トレーラーにはスイベルが装着されたものを使用して糸よれを防止する必要がある。

【次ページ:弓角を使用する際のタックル】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト