餌を使わないので手軽! 初心者でも楽しめる「ジグサビキ」のやり方

タグ: / / /
2016年11月04日 (最終更新日:2019年06月04日)

目次

  1. ジグサビキとは
  2. ジグサビキのアクションのさせ方
  3. ジグサビキで釣れる魚
  4. ジグサビキにおすすめのタックル
  5. ジグサビキにおすすめの仕掛け

おすすめのジグサビキ仕掛け

市販のサビキでも流用可能だが、針の本数が多くて糸絡みの原因となったり、ハリスの細さがネックになることも多い。

最後に、おすすめのジグサビキ仕掛けをご紹介しよう。

オーナー「遠投ジグサビキ」

後ろのメタルジグに反応した魚が食いつきやすいサビキのカラーセッティングとなっている専用仕掛け。

針数が3本と少なく、全長が短いため非常に使い易い。もちろん太いハリスを使用しているため安心だ。

ハヤブサ「堤防ジギングサビキセット」

サビキだけでなくオリジナルのメタルジグも付属したセット仕掛け

これさえ購入すればジグサビキを楽しむことが可能だ。

ダイソージグ

slack-for-ios-upload-2

ポイントによっては根掛かりの多いジグサビキでは、ジグのロストは財布にやさしくない。

その点ダイソーのジグは非常に安価なため、臆せず使用することができるのが魅力だ。

メジャークラフト「ジグパラ」

ライトショアジギングでは圧倒的な支持を受けている「ジグパラ」シリーズ。

非常に塗装が強いことが特徴で、自身でコーティングしなくとも塗装がはがれにくい。値段も手ごろでジグサビキには最適だろう。

ボウズになりにくく、初心者にも最適

ルアー釣りは初心者にとっては難しいと思われがちだが、ジグサビキは小物も釣れるためボウズにはなりにくい。その上大物がかかることもあるので、初心者に最適である。

少し強めのタックルを準備して、是非試してもらいたい釣り方だ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

あらゆる魚がターゲット!ハヤブサの「ジギングサビキ」で何魚種釣れるか試してみた

小さな魚が珍魚に化ける?ハヤブサの泳がせセットでわらしべ長者フィッシング

陸から釣れる5種のハタを解説!特徴を知って釣りに生かそう

タグ: