餌を使わないので手軽! 初心者でも楽しめる「ジグサビキ」のやり方

タグ: / / /
2016年11月04日 (最終更新日:2019年06月04日)

目次

  1. ジグサビキとは
  2. ジグサビキのアクションのさせ方
  3. ジグサビキで釣れる魚
  4. ジグサビキにおすすめのタックル
  5. ジグサビキにおすすめの仕掛け

ジグサビキにおすすめのタックル

次に、ジグサビキにおすすめのタックルをご紹介する。ジグサビキは非常に手軽な釣りのため、それほど高価なタックルを用意する必要はない。

しかしある程度のタックルを揃えておけば他の釣りも本格的に楽しむことができる。

汎用性が高いのはエギングロッド。10~30gのメタルジグがキャスト可能だ。

さらに重量のあるメタルジグを使用したい場合にはシーバスロッドやライトショアジギングロッドもおすすめである。

ジグサビキにおすすめのロッド

メジャークラフト「ソルパラ SPS-862EL」

コストパフォーマンスの高いソルパラシリーズのエギングモデル。

ジグサビキで多用するジグのウエイトをカバーすることができる上、本業のエギングやロックフィッシュ、シーバスなどにも流用可能な優等生である。

ダイワ「ジグキャスター 90M」

より遠くのポイントを攻めたい、大型の魚を狙いたいという場合には重いジグを使用しなければならない。そんな場合にはライトなショアジギングロッドがおすすめ。

エギングロッド以上にパワーがあるため、中型の青物とも安心してやり取りをすることが可能だ。

ジグサビキにおすすめのリール

シマノ「16ナスキー 2500HGS」

モデルチェンジしてHAGANEギアやコアプロテクトなど、上位機種にも採用されている技術が盛り込まれた優秀なリール。

手頃な価格で本格的な性能を備えているため、ジグサビキにも最適だ。

ダイワ「BG 3500H」

オフショアジギングなどの入門機としてダイワ[DAIWA]から新たにリリースされたリール。

ショアジギングにも最適で、重めのジグを用いたジグサビキにも使用可能。ぜひ大物を仕留めてほしい。

【次ページ:おすすめのジグサビキ仕掛け】

タグ: