トップページ>アジング・メバリング>市販品より割安に! 簡単にできる自作「シングルアシストフック」の作り方

市販品より割安に! 簡単にできる自作「シングルアシストフック」の作り方

キャプチャ (16)

出典:シングルアシストフックを作るっ! / Make the Single Assist Hook. – YouTube

主にメタルジグに使用される、シングルアシストフック。市販されているものはフックサイズや形状、アシストラインの長さの選択肢がある程度決まったものになってるため、自分が欲しい製品がないこともある。

しかしアシストフックを自作すれば、自分の理想どおりのフックサイズ、アシストラインの長さのものを使うことができる。

さらに市販のものに比べて割安になるため、ぜひこの作り方を修得しよう。

自作シングルアシストフックの作り方

材料

  • フック(専用のものでなくても好みの大きさ、形状のものでよい)
  • アシストライン
  • スレッド
  • 熱収縮チューブ

道具

  • アシストライン用ニードル
  • ハサミ
  • 瞬間接着剤
  • ライター

手順

  1. アシストラインにニードルを刺し入れ、ラインの途中からニードルの先端を出す。次に、ニードルにラインの先端を引っ掛けて、ニードルを引き抜く。これでアシストフックの輪の部分が出来上がる。
  2. アシストラインにフックを刺す。この時のフックを刺す位置によって、アシストラインの長さを調節することができる。
  3. スレッドでフックにアシストラインを固定する。抜けてしまわないように、しっかりと固定しよう。バイスとボビンホルダーがあれば、より簡単に、綺麗にスレッドを巻くことができる。スレッドを巻いたら瞬間接着剤を塗り、固定する。
  4. 熱収縮チューブをスレッド部に被せ、ライター等で熱して収縮させる。熱収縮チューブを使用することにより、アシストフックの強度が増すため付けたほうが良いだろう。

自分の理想のアシストフックを作ろう

簡単かつ割安で作ることができる、自作アシストフック。様々なサイズのものを作っておけば、フィールドの状況やジグに合わせて細かい調節が可能になるだろう。

自分の理想のアシストフックを作って釣果の向上を目指そう。

関連記事

フックのステルス性もアップ!?ルアーのアピール力を向上させる「ティンセル」付きフックの効果と作り方

[宗さんからの寄稿] 超カンタン超べんり!車用ロッドホルダーを自作してみました♪

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト