テーマ別

トップページ>ブラックバス>ジャッカルの王道バイブ「TNシリーズ」の新色の使い分けを水野浩聡プロが徹底解説

キャプチャ (8)

2196アクセス 2015年11月05日

ジャッカルの王道バイブ「TNシリーズ」の新色の使い分けを水野浩聡プロが徹底解説

キャプチャ (8)

出典:2015 TN series New color line up. / TNシリーズ新色を徹底解説。 – YouTube

2015年10月末より順次リリースされている、ジャッカル[JACKALL]の王道バイブレーション「TNシリーズ」。その新色の使い分けを、水野浩聡プロが徹底解説した動画が公開された。購入、使用の際の参考にしよう。

人気メーカーの王道バイブ「TNシリーズ」の新色使い分け

オールマイティな金黒ベースのカラー

キャプチャ (9)

出典:TN60|JACKALL

金黒ベースのカラーは、クリアー、ステイン、マッディーとあらゆる水質に対応するオールマイティなカラー。ローテーションの最初のカラーとして用意しておくと良いだろう。ちなみに、野池ピエロというカラーも汎用性の高いカラーだという。

マッディウォーターには膨張系カラー

キャプチャ (10)

出典:TN60|JACKALL

マッディウォーターのフィールドでより目立たせたい場合には、膨張触やピンク系、チャート系などのアピール力の高いカラーがおすすめ。

また、膨張色とは異なり、シルエットをくっきりと出してアピールしたい場合には黒系のカラーがおすすめだ。

クリアウォーターにはベイトフィッシュライクなカラー

キャプチャ (11)

出典:TN60|JACKALL

クリアウォーターやベイトフィッシュが豊富なエリアでは、やはりそのフィールドに生息するベイトフィッシュを模したカラーが効果的だ。野池ではギル系カラーが強いだろう。

春先は赤系カラーが強い

キャプチャ (12)

出典:TN60|JACKALL

春には赤系のカラーが効果的。また、水野氏曰く、真夏の炎天下や水が茶色に濁っている状況下でも赤系は強いという。

カラーローテーションで釣果アップを目指そう

現場では引き出しが多ければ多いだけ、攻略できるバスが増える。動画を参考にカラーローテーションを行い、さらなる釣果を目指そう。

関連商品

JACKALL(ジャッカル) ルアー TN60 スカルシェル マルハタサウンド ブルーバックタイガー
JACKALL(ジャッカル) (2013-08-06)
売り上げランキング: 24,004
JACKALL(ジャッカル) ルアー TN50 サイレント マットチャート
JACKALL(ジャッカル) (2012-07-19)
売り上げランキング: 104,336

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト