トップページ>ブラックバス>中層、ボトムそれぞれに適したダウンショット攻略

中層、ボトムそれぞれに適したダウンショット攻略

タグ: /
アクセス 2018年05月11日

ダウンショットリグは、中層やボトムのベイトを捕食しているブラックバスを攻略するにはもってこいのリグ。

今回はダウンショットを使った中層攻略とボトム攻略をそれぞれ紹介していこう。

「ダウンショットリグ」の作り方をマスターしてスレたバスを狙い打とう!

ダウンショットリグでの中層・ボトム攻略

ダウンショットとはフックを結ぶ際に捨て糸を余分にとり、その先にシンカーをセットすることでワームが宙に浮いた状態でバスにアプローチができるリグ。

少し浮いたバスを狙いたいときや、ボトムのバスを一点集中で狙いたいときに重宝する。

中層を狙う場合

ベイトフィッシュに似たワームをチョイス

バスが中層にいる場合、ベイトフィッシュを追いかけていたり、プレッシャーが高かったりすることが多い。

そのためバスが捕食しているベイトフィッシュになるべく似せたワームを使用することが重要だ。

シンカーは軽めのものをチョイス

中層を狙うときはシンカーは軽めのものを使い、フックはワームの頭部にチョン掛けしよう。

キャスト後はすぐにベールを返し、シェイクしながら余計なラインスラックを取るようにリーリングしよう。こ

うすることで中層をしっかりとトレースし、瀕死のベイトフィッシュを演出することができる。

ボトム付近を狙う場合

ボトム付近を狙う場合には、先程とは異なりやや重めのシンカーをチョイスする。

なるべくシンカーがボトムを舐めるようにトレースするのがコツだ。

この場合、シャッドーテールワームやクロー系のワームを使うといい。

根掛かりを減らすには

根掛かり多発地帯では、スリムタイプのシンカーを使用すると根掛かりを格段に減らせる。

また、マス針ではなくオフセットフックを使うと針先が隠れるため、スリムタイプのシンカーとの組み合わせで根掛かりしても大抵外れるようになる。

ダウンショットの習得は上達への近道

ダウンショットリグはトーナメントのウイニングリグになることも多く、それほどタフなバスを狙う際に有効なリグだ。

その日の状況やバスのコンディションなどで、中層、ボトムを攻め分けてみよう。

バス釣り初心者は必見!よく使うリグの作り方とコツまとめ

関連商品

タグ: /