テーマ別

トップページ>ロックフィッシュ>ルアーで攻略するキジハタとオオモンハタ釣りの基礎

20151104043950

9831アクセス 2015年11月04日

ルアーで攻略するキジハタとオオモンハタ釣りの基礎

20151104043950

出典:New Rockfish Game プロスタッフ折本隆由×Armored F+ PRO ロックフィッシュ(728) – YouTube

デュエル[DUEL]のプロスタッフ折本隆由氏が、ルアーを使ってキジハタやオオモンハタなどを狙うロックフィッシュゲームについて解説した動画が公開された。

ベイトフィッシュの有無によるルアー選択を参考にしてみよう。

食性によって釣り分けるキジハタとオオモンハタ

見た目は似ているものの、食性が異なるゆえに釣り方も異なるキジハタとオオモンハタ。同じロックフィッシュといえど、獲物を追う層も異なるのだ。

キジハタ狙いの釣り方

甲殻類を好んで食すキジハタを狙う際は、ホッグ系やクロー系のワームを使いボトムを中心に探ろう。テキサスリグなどを用いたボトムパンピングやズル引きが効果的だ。

ベイトフィッシュが回遊していなく、オオモンハタの活性が低いときにはボトムを探ってキジハタを狙ってみよう。

オオモンハタ狙いの釣り方

イワシなどのベイトフィッシュを狙って中層に潜むオオモンハタは、ベイトフィッシュがいれば活性が上がり釣りやすくなる。

アピール力の高いバイブレーションを用いたスローなただ巻きでの釣りや、シャッドテールなどのスイミング系のワームを使ったただ巻きなどで中層を狙おう。

ベイトが回遊している活性が高い時合を狙い、素早く釣るのがコツだ。

根が入り組んだ場所では太めのラインを

今回の動画ではPEラインをコーティングした商品を使い、根の入り組んだ場所でもラインブレイクされないように配慮している。根魚とのファイトは根に入られる前に引き抜くか、根に入られても大丈夫なタックルを準備することが大切。

せっかく掛けた魚を逃さないよう、動画のようにコーティングされたラインにショックリーダーを用いて使うか、フロロカーボンの太めのラインで狙うようにしよう。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト