初心者はこれで十分! シーバス釣りを「予算2万円」で始めよう

タグ: / / / / /
2017年04月24日 (最終更新日:2018年05月08日)

目次

  1. シーバス釣りに必要な道具とは?
  2. 予算2万円で揃えるシーバスロッドの選び方
  3. 予算2万円で揃えるシーバス用リールの選び方
  4. 予算2万円で揃えるライン、ルアーの選び方
  5. プラス1万円で揃えたいアイテムまとめ

予算2万円で揃えるシーバス用リールの選び方

一番お金をかけるべし

前項でロッドの予算は抑えめにすべきと述べたが、その理由はずばり、リールは値段によって性能の差が如実に現れるからである。

近年下位モデルの性能が上がっているのは確かだが、ドラグ性能やベアリング数、ボディ、ギアの素材など、ロッドに比べて実釣時に使いやすさに大きな差が出るため、予算の許す限り上位の機種を選ぶことをおすすめする。

シーバス用リールの基本的なスペック

前述の9フィート前後のロッドに合わせるとなると、2500番のリールが最もマッチする。PEラインを巻くことを前提とした浅溝スプールを搭載したモデルならば、下巻きを少なくすることができるためおすすめだ。

番手の次に気を付けなけらばならないのがギア比である。大きく分けて一巻きで沢山巻けるハイギアと一巻き長が少ないノーマルギアの2種類があるが、とりあえずはハイギアモデルを選べば問題ない。

リールはロッドと比べると値段的にかなり安いものもあるが、予算的には5,000円~1万円程度のものを選ぶようにしよう。

さらに上位の機種を中古で予算内で手に入れる方法もあるが、中古品はある程度釣り具の知識が無いと失敗する可能性もあるため注意が必要だ。

新品より安く買えるが注意点も? 「中古リール」を買うときのチェック項目まとめ

おすすめのシーバス用リール

ダイワ「レブロス」

エントリー機として人気の高いレブロス。上位機種にも搭載されている「エアローター」や「デジギアⅡ」なども採用され、コストパフォーマンスの高い一台だ。

シマノ「アルテグラ」

リールに予算をかけたい方に特におすすめなのがこちら。旧モデルの評判が非常に高かっただけあり、2017年新たにモデルチェンジされたこちらも納得の性能である。

高い防水性能が魅力のコアプロテクトも採用されており、ハンドルもねじ込み式ハンドル。上級者のサブ機としてもおすすめだ。

【次ページ:予算2万円で揃えるライン、ルアーの選び方】

タグ: