初心者はこれで十分! シーバス釣りを「予算2万円」で始めよう

タグ: / / / / /
2017年04月24日 (最終更新日:2018年05月08日)

目次

  1. シーバス釣りに必要な道具とは?
  2. 予算2万円で揃えるシーバスロッドの選び方
  3. 予算2万円で揃えるシーバス用リールの選び方
  4. 予算2万円で揃えるライン、ルアーの選び方
  5. プラス1万円で揃えたいアイテムまとめ

予算2万円で揃えるシーバスロッドの選び方

予算を使いすぎないように注意!

ロッドに関しては、値段が上がれば上がるほど当然それ相応の素材や技術によってスペックが高くなるが、デザインなどのアングラーの嗜好的な部分にコストがかかっている場合も多い。

必ずしも値段と性能が一致するとは限らないのである。

実釣的な観点で言えば、大手メーカーのエントリーモデルで十分釣りが可能で、これなら6,000円台~でロッドを手に入れることができる。

リールの選択肢を広げるためにもここでは予算を控えめにしておきたいところだ。この理由は次項で解説する

シーバスロッドの基本的なスペック

釣りをする場所にもよるが、汎用性が高く様々な場所で使いやすいのは9フィート前後のロッド。河口やサーフ、堤防など幅広いフィールドで使い易くルアーの飛距離も出せる長さだ。

ロッドの硬さを表す「パワー」は、ML(ミディアムライト)~M(ミディアム)のものを選べばシーバス釣りに使う殆どのルアーは問題なくキャストできるだろう。

このくらいのスペックのものは、エギングやライトショアジギング、チョイ投げやサビキ釣りなどにも流用可能な汎用性の高いロッドでもある。ルアー入門者には最適なのだ。

おすすめのシーバスロッド

ダイワ「リバティクラブ」

エントリークラスとは思えない使い易さとスペックを誇るロッド。7〜35gまでのルアーをキャストできるので、シーバス釣りに必要なルアーはこれでほとんど扱える。

メジャークラフト「ファーストキャスト」

ブランクに中弾性カーボンをメインに用いており、クセがなく初心者にとっても扱いやすいのが特徴。掛けたらしっかり曲がってくれるので、ミスバイトやバラシの減少にも貢献してくれる。

シマノ「ソルティーアドバンス」

ロッドとリールで2万円の予算なら1万円台のロッドも選択肢に入ってくるだろう。

こちらはトップガイドにSiCリングを採用しており、シーバスフィッシングで最も多用するPEラインの使用感がアップする。

【次ページ:予算2万円で揃えるシーバス用リールの選び方】

タグ: