テーマ別

トップページ>シーバス>シーバス釣りガイドが解説する「冬のランカーシーバス攻略法」

20151101174502

4876アクセス 2015年11月01日

シーバス釣りガイドが解説する「冬のランカーシーバス攻略法」

20151101174502

出典:冬巨大シーバスが釣れる「基本の釣り方」 – YouTube

一年通して楽しむことのできるシーバス釣り。特に冬はビッグサイズのシーバスが多くなり、大型のルアーを使った釣りでは80cm以上のサイズのものを狙って釣ることも可能だ。

そんな冬のランカーシーバス釣り攻略法をシーバス釣りガイドが解説した動画を紹介する。ボート釣りだけではなく陸っぱりからでも生かせる内容なので、ぜひ参考にしてみよう。

ランカーシーバス基本の釣り方

できるだけ遠くに投げる

ボートからできるだけ遠くにルアーを投げると、シーバスを探せる範囲が広がるだけでなく、ボートの気配を感知していない遠くのシーバスにアプローチできる。

ボートは陸っぱりに比べて行動範囲が限られ、人が密集するので、後方に気をつけながらキャストしよう。ボートシーバス専用の短めのタックルを使うと、ロッドの取り回しがしやすくストレスを感じることなく釣りに集中できる。

飛距離と精度を大幅アップ! ルアーのキャスティングのコツ

Abu Garcia(アブガルシア) ロッド Salty Stage KR-X BOAT SEABASS SBS-702M-KR
Abu Garcia(アブ・ガルシア) (2012-05-03)
売り上げランキング: 52,981

基本はただ巻き・スピードに変化を加えてその日のアタリ速度を見つけよう

基本は「ただ巻き」で誘うが、「ストップ&ゴー」などスピードに緩急を持たせたアクションで誘うと、よりシーバスに口を使わせ易くなる。

どのスピードに一番反応するかは当日やってみないとわからない。様々な速度を試して、その日のアタリスピードを探してみよう。

ランカーを狙うためにオススメのルアー

デュオ・タイドミノー シリーズ

陸っぱりからの実績も多いタイドミノーシリーズ。全長150mmと大きめのこのサイズでも飛距離は抜群で、広範囲を探ることができるルアーだ。

タックルハウス・チューンド K-TEN

タックルハウス(TACKLE HOUSE) ルアー K-TEN BLUE OCEAN BKF-140 No.101
タックルハウス
売り上げランキング: 145,321

リップの形が特徴的なタックルハウスのルアー。リップの大きさに比例したサイドロールが特徴的で、ナチュラルにシーバスを誘い出すことができるルアーだ。

ダイワ・ショアラインシャイナー

細身のシルエットで飛距離も十分なこのルアーは、カラーラインナップが豊富で様々なベイトの色に合わせることができる。3種類ほど持ち合わせておいてカラーローテーションしていくと効果的だ。

【次ページ:ランカーのみを狙う場合】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト