テーマ別

トップページ>シーバス>生息地域の最南端とされている久米島より南の「石垣島」でマルスズキが釣り上げられる!

3807872981_64070795ef_b (1)

1795アクセス 2015年10月29日

生息地域の最南端とされている久米島より南の「石垣島」でマルスズキが釣り上げられる!

タグ: /

3807872981_64070795ef_b (1)

出典:Tamatorizaki 玉取崎展望台 石垣島_1 | Flickr – Photo Sharing!(CC BY 2.0

一般的にシーバスと呼ばれるスズキの中でも、マルスズキはかなりポピュラーなルアー釣りのターゲットだ。しかしそれは本州での話。沖縄や北海道で釣り上げられるのは珍しく、最南端は久米島と言われている。

北は青森県竜飛崎でルアーフィッシングが可能。数は少ないものの北海道南部の噴火湾、石狩湾周辺まで分布しています。南は鹿児島県南部の屋久島、種子島周辺までが棲息範囲です。

出典 : 身近な大物 スズキを極める ~ 生態から釣法まで詳しく解説! – 九州釣り情報

しかし2015年10月に釣果共有カメラアプリ「ツリバカメラ」に、久米島よりも南の「石垣島」でマルスズキと見られる魚の投稿があった。

石垣島でマルスズキ!?

0EA3FCB9-E86B-4A7E-9484-EEA66217B248
出典 : とーさんが沖縄県石垣市で釣った20.0cmの魚 – ツリバカメラ

こちらが「ツリバカメラ」に投稿された写真。石垣島在住のとーさんによって釣り上げられたものだが、写真を見る限りヒラスズキやタイリクスズキではなく、マルスズキのように見える。体長が20cmほどの「セイゴ」サイズで、生まれて1年以内の個体だろう。

とーさんは「これはなんですか?? ホシギス???」というコメントとともに投稿しており、さらにはシーバスという呼び名も知らないようで、石垣島ではかなり珍しいことが伺える。

石垣島は久米島より200km以上も南にある

石垣島はマルスズキの生息地域の最南端と言われている久米島から、さらに200km以上も南の島。セイゴサイズが外海を泳ぎきったのか、それとも居着いて繁殖している個体がいるのか…理由は推測の域を出ない。

ツリバカメラで全国の釣果をチェックしよう!

「ツリバカメラ」を見ていると、今回のように珍しい釣果がまた投稿されるかもしれない。日本各地の釣果がリアルタイムで見れる便利なアプリなので、まだ使っていない人はダウンロードしてみよう。

アプリのダウンロードはこちらから

appstore-a88c0a2906f7d637db859a21e6c555b7

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト