トップページ>その他>気候が荒れて釣りに行けないときに! 釣りをテーマにしたおすすめ映画5選

気候が荒れて釣りに行けないときに! 釣りをテーマにしたおすすめ映画5選

タグ: /
アクセス 2015年05月12日

20150512013051 出典:12月26日(土)ロードショー!『釣りバカ日誌20 ファイナル』

突然の雨や、まさかの台風直撃などで予定していた釣りに行けなくなった。

そんな日に楽しめる名作の釣り映画を集めたので、釣りに行けない日も魚釣を楽しんでほしい。

日本の釣り映画といえばコレ!「釣りバカ日誌」

誰もが知っている日本の釣り映画シリーズ。全20作もあるので、見たことのない作品や忘れてしまった作品など見直すこともできる。

おすすめはシリーズ1作目ファイナルの20作目だ。ファンからの評価も高い2作なので、釣り人足るもの、1度は観ておこう。

あの伝説の漫画が映画に!「釣りキチ三平」

釣りバカ日誌に負けず劣らず有名なのがこちらの「釣りキチ三平」だ。実写映画化されていたのを知らない方も多いだろう。

天才釣り少年の三平が巨大魚に立ち向かう姿は必見だ。

キャストも「塚本高史」や「香椎由宇」など豪華なキャストでの実写映画になっている。

ヘミングウェイの名作!「老人と海」

言わずと知れた文豪「ヘミングウェイ」の名作「老人と海」の映画。

1952年に書かれたヘミングウェイの小説を巨匠ジョン・スタージェスが映画化した。

老人とカジキの戦いを軸に、人生と偉大な自然を描く映画だ。

巨大なる怪物と闘え!「白鯨」

この作品は釣りというよりは魚との闘いに近い。モビーディックという巨大な白鯨に片足をもがれ、その復讐に生きるエーハブ船長と巨大な鯨との闘いを描いた作品。

かなり古い作品だが、巨大な白鯨と闘うシーンは迫力十分。一度は観ておきたい映画だ。

若き日のブラッドピット!「リバー・ランズ・スルー・イット」

こちらも有名な作品で、若き日のブラッドピットが見られることもあり、大人気の作品となっている。

トラウトフィッシングを通して兄弟の人間関係や自然の美しさを描くこの作品は、釣り人でなくても楽しめること間違い無し。

家族との鑑賞にもおすすめしたい映画だ。

名作釣り映画で有意義な時間を

今回紹介した5作品はどれも名作でおすすめできるものばかりだ。

釣りに行かない、行けない日にリラックスして楽しんでほしい。

関連記事

釣り人は必読! 大人買いしたい名作釣り漫画6選

タグ: /