テーマ別

トップページ>その他>冬が旬! 投げ釣りでの「カレイ」の釣り方まとめ

s (1)

10739アクセス 2015年10月25日

冬が旬! 投げ釣りでの「カレイ」の釣り方まとめ

s (1)

出典:カレイ釣りに ( 釣り ) – 三重県・ノリノリの釣り釣り日記 – Yahoo!ブログ

キスと同様に投げ釣りの好ターゲットとして親しまれている「カレイ」。みなさんご存知のように、非常に美味しい魚だが、接岸してくる冬には防波堤から狙うことができる。

まだ10月だが、釣果共有アプリ「ツリバカメラ」によると、北海道ではすでに多くの釣果が報告されている。

今回は、そんなカレイを投げ釣りで釣るための方法を紹介しよう。

カレイとは

投げ釣りで主にターゲットとされるのは「マコガレイ」と「イシガレイ」である。地域によってはマガレイやヌマガレイも狙うことができる。

マコガレイは内湾性で30cm程度のものが多いのに対し、イシガレイは外洋にも生息し、マコガレイよりも大型になる。

マコガレイはカレイの中で最も美味とされており、イシガレイより高級だ。どちらも煮つけや刺身にすると美味しい。

カレイが釣れる時期

fish_schedule_karei
産卵のため接岸してくる冬から春にかけてがカレイ釣りのシーズンだ。

カレイが釣れるポイント

p1

出典:フォト|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

カレイは砂泥地の海底に生息している。地質が砂地の漁港などが主なポイントとなるだろう。その中でも、船が通るミオ筋やかけあがり、潮のヨレなどのポイントを探ると良い

カレイの投げ釣りに使用するタックル

karei_g1

出典:【ナチュラム】投げ釣りでずっしりカレイ!!

基本的な仕掛けは上の図の通りである。ポイントを決めたらそこに座ってじっくりと待つ釣りなので、竿は2~3本は用意したほうがよい。餌はイワムシやアオイソメ。2、3匹を房掛けにしよう。

これで仕掛けを大遠投! 「投げ釣り竿」のおすすめ5選

がまかつ(Gamakatsu) 港カレイ仕掛 K148 12-5
がまかつ(Gamakatsu) (2013-07-16)
売り上げランキング: 147,585

カレイの釣り方

カレイは地形の変化を好む魚なので、上で解説したような変化のあるポイントを選択しよう。「キャストしたらかけあがり等のポイントまで仕掛けを持っていき、竿立てに竿を置いてアタリを待ち、アタリが無ければ少し移動させてまた当たりを待つ」の繰り返しだ。

沖に根などがある場合には根掛かりに注意しよう。しかし、その根の周辺にカレイが着いていることが多いので、際を重点的に攻めると良い。

アタリは糸ふけが出たり、竿先を揺らしたり、とくになかったりと様々だ。カレイのアタリは小さいことが多く、食い込むまでに時間がかかるため、アタリがあったらじっくりと待ち、竿を大きく煽ってしっかりとあわせよう。早あわせは禁物だ。

良型の場合ランディングにはタモがあると便利である。

プロマリン(PRO MARINE) CB ビビッド磯玉セット 4.5m
プロマリン(PRO MARINE)
売り上げランキング: 1,215

冬が旬のカレイを釣り上げよう!

非常に美味なカレイだが、投げ釣りで気軽に釣ることができる。旬の魚を釣り上げて、その美味しさを楽しもう!

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト