テーマ別

トップページ>シーバス>シーバス釣りの絶好機! イワシの「ボイル」攻略法

2015-10-25 12.23.17

2196アクセス 2015年10月25日

シーバス釣りの絶好機! イワシの「ボイル」攻略法

2015-10-25 12.23.17

出典:デュオ×コアマンマニックで水面炸裂爆釣劇! – YouTube

大型魚に追われたベイトが水面を跳ねている、いわゆる「ボイル」という現象。これは追っている魚の捕食スイッチが入っているということであり、ルアー釣りにおける絶好機だ。

シーバス釣りにおいて最もメジャーなベイトは「カタクチイワシ」。これをシーバスが追ってボイルしているときは、水面方向に意識が向いているのでトップウォータープラグで釣果に繋げやすい上に、ルアーに食ってくる瞬間が見えるため迫力があって面白い。

今回はコアマン[COREMAN]の代表である泉裕文氏が、カタクチイワシを追ってシーバスがボイルしている状況を攻略する動画を紹介する。

デュオ(DUO) ベイルーフ マニックフィッシュ88
デュオ(DUO)
売り上げランキング: 448,496

シンキングペンシルを使った、「ボイル」時のシーバス攻略法

この動画ではデュオ[DUO]とコアマンがコラボして開発したシンキングペンシル「マニックフィッシュ88」を使用している。ボイル時のシーバス攻略にシンキングペンシルを用いる理由は以下の通りだ。

飛距離が出る

シンキングペンシルはシーバス用のトップウォータープラグよりも重いものが多く、さらに空気抵抗が少ない形状をしているため飛距離が出る。

これによって遠くのボイルまで届くので、広い範囲を攻略できるのだ。

水面から飛び出しにくい

トップウォータープラグは水面でただ動かせば良いわけではなく、しっかりと水の抵抗を受けてアクションさせることで本来の能力を発揮する。しかし、風や波がある状況では水面から飛び出してしまい、アクションしなくなることがある。

シンキングペンシルは元々水面下を泳ぐルアーなので水面から飛び出しにくい。シーバスがバイトしてきた際のフッキング率も高いのだ。

シンキングペンシルでボイルを攻略しよう!

カタクチイワシをシーバスが追っている場面では、好確率でトップウォーターでシーバスを釣ることが出来る。ぜひシンキングペンシルで攻略して欲しい。

関連商品

デュオ(DUO) ベイルーフ マニックフィッシュ88
デュオ(DUO)
売り上げランキング: 448,496

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト