テーマ別

トップページ>ブラックバス>これでビッグバスを攻略! おすすめのビッグベイト用バスロッド5選

これでビッグバスを攻略! おすすめのビッグベイト用バスロッド5選

ビッグバスを狙うために作られた巨大なルアー、「ビッグベイト」を使って釣りをしたいと思ったことはないだろうか。

通常のルアーの数倍は重いビッグベイトを扱うには、それに対応している専用ロッドが必要だ。

今回はビッグベイトを快適にキャストできる、おすすめのタックルを紹介しよう。

目次

  1. ビッグベイト用ロッドに必要な要素
  2. おすすめのビッグベイト用ロッド5選
  3. おすすめのビッグベイト用リール5選

ビッグベイト用ロッドに必要な要素

重いルアーをキャストできる

ビッグベイトは150mm、1~2オンス以上のルアーがほとんどだ。

ビッグベイト用ロッドに必要な要素は、それだけの重さのルアーをキャストできることが絶対条件となる。

2オンスのルアーをメインで使用するとして、MAXウエイトが2オンスのロッドだと操作性がやや落ちる可能性がある。

重いルアーをキャストできるのはもちろんのこと、キャスト後のキレのあるジャーク等の操作を軽快に行うためには、余裕を持ったスペックを備えたロッドを選択すると良いだろう。

このように、ビッグベイト用ロッドを選ぶ場合にはスペック表記をよく確認することが重要だ。

ロッドにもよるが、表記以上の重さのルアーを使用するのはロッドの破損にも繋がるためやめておこう。

十分な剛性

ビッグベイトゲームでは常に重いルアーを操作しなければならないため、ロッドにかかる負荷も大きい

ガイドの剛性も必要で、ガイド破損に強いダブルフットガイドを使用しているものが好ましいだろう。

適度なしなやかさも必要

硬ければ重いルアーもキャスト可能だが、遠投性能や長時間扱うことを考えると適度なしなやかさも必要。

しなやかさがあると、ロッドにルアーの重さをしっかり乗せることができ、キャストも楽になる。

例として雷魚ロッドでもビッグベイトをキャスト可能だが、硬いために扱いにくく、バイトも弾きやすくなってしまうため注意が必要だ。

【次ページ:おすすめのビッグベイト用ロッド5選】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / / / / / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト