誰でも連発可能! 初心者にも釣りやすい「ヒイカ」の釣り方まとめ

タグ: / / / / / /
2016年12月15日 (最終更新日:2017年12月01日)

目次

  1. ヒイカとは
  2. ヒイカ釣りのタックル・道具
  3. ヒイカの釣り方
  4. ヒイカの食べ方

ヒイカの釣り方

ヒイカは前述したように昼間は底に潜み、夜は常夜灯周りに浮いてくる。餌釣りもエギングも昼は底を攻め、夜は常夜灯周りの表層を攻めるようにしよう。

エギングの釣り方

img_9351

エギングの場合は、昼間はエギを底まで落とし小さく3〜5回シャクって、ラインテンションをかけたままフォールさせる。

エギ自体が小さいため、シャクリ幅は小さくトゥイッチのような動きで構わない。フォール中や着底の間際にアタることが多いので、ラインの動きやティップに神経を集中させよう。

テンションフォール後、ボトムまで着底したらまたシャクってフォールを繰り返す。アタリがなければ、少しシャクリ回数を多くしてレンジを変えるなど工夫してみるといいだろう。

夜は常夜灯周りで浮いていることが多いので、水面から50〜100cmほど沈め。水面から出ないようにシャクってまた落とすを繰り返そう。アタリがなければレンジを下げると効果的だ。

餌釣りの釣り方

基本的には投げて放っておくだけで釣れる。より釣果が欲しいなら、投光器を持ち出して仕掛けの周辺を照らすとイカを集めることが可能だ。

光が強すぎると底の方まで照らしてしまいイカがいるタナを絞れないため、強いほどいいというわけではない。20W前後を目安にしよう。

電池交換式で比較的安価な集魚灯。4〜6時間で電池を消耗するので、こまめな交換が必要だ。

【次ページ:めちゃくちゃ美味いぞ!ヒイカの食べ方を紹介】

タグ:
ツリバカメラ