テーマ別

トップページ>料理>釣ったら食べよう! どんな種類にも対応可能な「イカの捌き方」

20151023144531

4777アクセス 2015年10月23日

釣ったら食べよう! どんな種類にも対応可能な「イカの捌き方」

20151023144531

出典:【下処理】イカのさばき方① How to cook |ABC Cooking Studio – YouTube

アオリイカ・コウイカ・ヒイカ・ケンサキイカ・スルメイカなど、釣りのターゲットになるイカには様々な種類のものが存在しており、基本的にはどれも食べて美味しい。

それぞれに形が違うイカだが、調理の際に共通して使える下処理の方法を紹介しよう。アオリイカとコウイカは若干注意点があるが、これさえ覚えておけばどんなイカを釣っても迷うことなく捌くことができるぞ。

イカの胴体の捌き方

  1. 胴体の内側に指を入れて内臓と胴がついている部分を外す。
  2. イカの背中部分にある軟骨をしっかり持って、折れないように胴から引き抜く。
  3. 胴の中に指を入れて、奥に残ったワタをかき出すように水で洗う。
  4. 胴体についた水分を丁寧に拭き取る。
  5. イカの頭にある三角のヒレ(みみ)と胴の間に指を入れ、胴の先を持って引き剥がす。
  6. 残りの皮を取り除く。みみについた皮も取り除こう。
  7. 胴の中に包丁の先端を入れて、イカの身を切り開き、内側に残った繊維状のものを取り除く。

コウイカやアオリイカ以外のイカの胴体はこの方法で下処理が完成する。コウイカやアオリイカの大型のものは薄皮が硬く剥きやすいので、きちんと取り除くと舌触りや食感が良くなる。薄皮のむき方は以下の記事を参考にしよう。

これを見ればすぐ修得! プロが解説するアオリイカの捌き方動画3選!!

イカのゲソの捌き方

  1. 目の下を切って、足とハラワタを切り離す。
  2. 足と足の間を切り開き、中にある口を取り除く。
  3. 2本の長い触腕の先端部分は硬く美味しくないので、切り離して捨てる。
  4. 目の間に包丁を入れて目を取り除けばその周辺も美味だ。

イカを釣ったらその美味を楽しもう!

イカは種類が豊富で釣って楽しく、食べて美味しい。四季を通してボートでも陸っぱりでも様々な種類が釣れるので、ぜひイカ釣りに挑戦してみよう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト