堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方

タグ: / /
2015年10月23日 (最終更新日:2018年01月10日)

目次

  1. 釣りが初めてでも簡単!ちょい投げつりについて
  2. 準備ができたらスタート!釣り方も簡単!

ちょい投げ釣りで多用するのは、青イソメや石ゴカイなどの多毛類。見た目は美しいと言えないが、その分釣り餌としては一級品の効果をもつ。新鮮なものが魚をよく引き寄せるので、当日に釣り具屋で購入しよう。

虫餌が苦手な人は、「パワーイソメ」や「ガルプ!」などの多毛類を真似た、匂いや味成分のある餌が使いやすい。女性などにはこちらがオススメだ。ただしどちらも独特の匂いがあるので、扱う際には注意が必要だ。

餌の付け方

道具を揃えたら、身近な堤防や漁港に行って釣りを始めよう。餌の付け方は下図を参考にしてほしい。

20150516013110

20150516013135

出典:VS アオイソメ!

ちょい投げ釣りの釣り方

餌の付け方から糸の結び方、キャストの方法までわかりやすく解説した動画。参考にして挑戦してみよう。

ちょい投げ釣りで狙う場所

ちょい投げ釣りで狙う場所として有効なのは、テトラポットや防波ブロックの周辺や、漁船が通る道(みお筋)などの海中に変化がある場所。そのような場所を見つけたら近くにキャストして丹念に探ってみよう。

魚が釣れたら?

食べたい魚はクーラーボックスなどに入れて持ち帰り、そうでない魚は傷をつけないようにしてリリースしよう。

アジなどが釣れたら「泳がせ釣り」に使って、ヒラメやスズキのような大型の魚を狙っても楽しい。泳がせ釣りに関しては以下の記事を参考にしよう。

活きエサでいろんな大物が釣れる! 「泳がせ釣り」をマスターしよう

簡単手軽なちょい投げ釣りに挑戦!

非常に簡単で誰でも楽しむことのできるちょい投げ釣り。釣り初心者にもおすすめの釣り方なので、休日に家族や友人と楽しんでみよう!

関連商品

タグ: