テーマ別

トップページ>エサ釣り>堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方

a0158802_0324714

19418アクセス 2015年10月23日

堤防や漁港で気軽に楽しめる「ちょい投げ釣り」の始め方

a0158802_0324714

出典:のんびり堤防釣り : ハギーの日和見日記

堤防や漁港など身近な場所で楽しめ、キス・ハゼなどの美味しい小物が釣れる「ちょい投げ釣り」。今回は初心者やファミリーにぴったりなこの釣りの始め方を紹介しよう。

ちょい投げ釣りで釣れる魚

幅広いターゲットを釣ることができる、ちょい投げ釣り。以下のような魚がターゲットとなる。

  • メゴチ
  • キス
  • ハゼ
  • カサゴ
  • アイナメ

このように様々なターゲットが狙えるのがちょい投げ釣りの魅力。狙う魚に合わせて仕掛けや、餌のサイズを選択しよう。

なお毒魚も外道として釣れるので、以下の記事などを参考に注意するようにしよう。

知らないと危険! 日本でよく釣れる毒魚とその対策法まとめ

釣り人は注意しよう! 無料アプリ「Hapyson危険チェック」で危険魚を事前チェック

ちょい投げ釣りに使う釣具

ちょい投げ釣りは2、30mほどしか投げない釣りなので、使用する釣具はあまりこだわらなくても大丈夫だ。

ワカサギ用竿やテンカラ竿などの特殊な竿以外ならおおよそ流用できるので、手持ちの道具で始めてもいいだろう。

ロッド(釣り竿)

ダイワ(Daiwa) エメラルダス(アウトガイド) 86ML
ダイワ(Daiwa) (2014-09-02)
売り上げランキング: 24,613

2〜3mの長さのロッドが取り扱いやすく、少し遠くに投げたいと思ったときにも対処できるので便利。バスロッドやロックフィッシュロッド、シーバスロッドなどルアーロッドでも流用できるので、手持ちにあるなら専用のものを購入しなくても大丈夫。

エギングロッドはバットの張りがありティップ部分が柔らかいので使いやすい。エギングはもちろんシーバス釣りにも応用できるので、後々ルアー釣りなどを考えているならエギングロッドで2m台後半のものを購入すると、幅広い釣りが楽しめる。

リール

SHIMANO(シマノ) リール 14 サハラ C3000HG
SHIMANO(シマノ) (2014-03-31)
売り上げランキング: 21,152

リールはシマノで2,000〜4,000番、ダイワで2,000〜3,000番のものがあれば不意に大物が掛かっても十分対応できる。おおよそ5,000円以上のものを使えば糸絡みなどのトラブルが少なく、快適に釣りができるだろう。

サビがこないように海水対応のリールを選んでおこう。

ライン

サンライン(SUNLINE) ライン FC ロックスピリット 100m 3号
サンライン(SUNLINE) (2013-02-05)
売り上げランキング: 103,417

ラインはPEラインの0.8〜1.0号、もしくはナイロンラインの2〜3号であれば強度的には十分。PEラインは摩擦に弱く、海中の障害物などで擦れると切れてしまうので、初心者はナイロンラインがおすすめだ。

後々ルアーゲームに挑戦するなら、PEラインを巻いておくと流用が可能。しかし、その場合はショックリーダーと呼ばれるスレ切れ防止の糸が別途必要になる。PEラインとショックリーダーを結ぶ方法も覚えないといけないので、初心者には少しハードルが高いかもしれない。以下の記事を参考にしてみよう。

強度と手軽さのバランス良し! 「ノーネームノット」でPEラインとショックリーダーを結束しよう!!

仕掛け

初心者はオモリも付属している、糸に結びつければ使えるタイプを選ぼう。仕掛けの長さが短めで扱いやすいものが良いだろう。

オモリは8号前後の重さのもので十分。このくらいがルアーロッドでも扱いやすく、操作性が良いだろう。根掛かりしたときのために、予備を準備しておこう。

この仕掛けと、リールについている糸を結ぶための結び方をなにかひとつ覚えなければいけない。強度が高く、簡単に結べる以下のノットを覚えていこう。

愛用者多数の簡単・強力ノット! 「ハングマンズノット」の結び方

【次ページ:餌、ちょい投げ釣りの釣り方など】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト