初心者でもアオリイカが釣れる「ティップランエギング」の基礎知識

タグ: / / / / / / /
2016年10月20日 (最終更新日:2017年09月15日)

目次

  1. ティップランエギングとは
  2. ティップランエギングに使用するタックル
  3. ティップランエギングの釣り方
  4. ティップランエギングで釣果を上げる「3つのコツ」
  5. 各メーカーから発売されているエギの水中映像

各メーカーから発売されているエギの水中映像

映像では様々なエギの水中姿勢が撮影されている。頭部に追加シンカーを装着したエギがティップラン用のエギだ。シンカー無しだとしっかり尻上がりの姿勢が保たれているものでも、シンカーを装着すると尻下がりになってしまうものもあるのがわかる

アイの位置がボディの背部にあるものは、シンカーを装着してもこの原理で姿勢が保たれる傾向にあるようだ。また、純正のシンカーであっても取り付けると尻下がりになってしまうものもあるため注意が必要だ。

ティップランエギングに挑戦してみよう!

アタリがわかりやすいティップランエギングは初心者にもオススメの釣り方。イカの個体数が多く活性の高い10〜11月、産卵により大型の個体が交じる4〜6月の季節にぜひ挑戦してほしい。

関連商品

タグ: