初心者でもアオリイカが釣れる「ティップランエギング」の基礎知識

タグ: / / / / / / /
2016年10月20日 (最終更新日:2017年09月15日)

目次

  1. ティップランエギングとは
  2. ティップランエギングに使用するタックル
  3. ティップランエギングの釣り方
  4. ティップランエギングで釣果を上げる「3つのコツ」
  5. 各メーカーから発売されているエギの水中映像

ティップランエギングで釣果を上げる「3つのコツ」

潮の流れによってウエイトをコントロール

潮の流れが弱いにもかかわらずウエイト不必要に足していると、エギが潮に流されずに船の近くに留まってしまう。イカは船の存在を嫌うことがあるため、潮が効いていない場合は船からエギを離すようにすることも重要だ。

潮が動いていないときにはウエイトを外しより遠くへと流れるようにし、潮が動いてきたらウエイトを足すようにしたい。

10g程度の違いでも、エギのポジションが20mほど変化することもある。エギをボトムに落とすたびにエギが徐々に離れていくくらいのウエイトがベストだ。

動画でも潮が止まっているときにウエイトを外した途端ヒットしたことからも、ウエイトコントロールの重要性が伺える。

エギをキャストすることも重要

ウエイトを足していなくてもエギが流されない場合、ある程度キャストして船からエギを離すことも重要だ。エギをサイズダウンしてより流れやすくすることもある。できるだけ多くのウエイト、号数のエギを用意して対応できるようにしよう。

【次ページ:参考にしよう!各メーカーのエギの水中ステイ映像】

タグ: