トップページ>ショアジギング>シャクる必要なし!?「ただ巻きだけで青物を釣る」ための3つのポイント

シャクる必要なし!?「ただ巻きだけで青物を釣る」ための3つのポイント

タグ: / /
アクセス 2015年10月22日

スクリーンショット 2015-10-22 15.21.33

出典:小沼正弥 MADNESS シリテンシリーズで堤防青物攻略!! -YouTube

青物と呼ばれる魚は大型になるだけでなく、引き味が強いため多くのアングラーを魅了する。

ロッドアクションを加えずに、ただ巻きのみで堤防から青物を釣る方法を解説した動画が公開されているので、初心者はぜひ参考にしてみてほしい。

「ただ巻きだけで青物を釣る」ための3つのポイント

銀粉カラーなどフラッシング効果の高いものを使う

フラッシングで食わせる釣りなので、光の反射の仕方がラメやホログラムと違い、多くの青物が好んで食べるカタクチイワシと似ているという。

バイブレーションの場合は波動とフラッシングの効果から、青物がリアクションバイトしてきやすい。

表層をただ巻き 

活性の高いフィッシュイーターは自分の上方向の小魚に敏感であり、さらに表層付近は太陽の光を強く反射するるため効果的である。

表層付近をルアーが泳ぐようにリトリーブを繰り返そう。

スローに巻く

ゆっくりと巻くことで魚にしっかりとアピールできるだけではなく、水面からの飛び出しを防ぐことができる。

しかし、魚がいるのにスローに反応しない場合には臨機応変にリトリーブスピードを変更しよう。

動画で使用されているルアー

マドネス[MADNESS]・シリテンジグ

本動画で使用されているシリテンジグ。フックが標準装備されていないので、フロントとリアにそれぞれアシストフックの4号を装着しよう。

自身のフィールドやタックルに合ったウェイトを選ぶようにしてほしい。

マドネス[MADNESS]・シリテンバイブ53

気軽に青物の強烈な引きを味わおう

釣った際の強烈な引きはもちろん、食べてもおいしいのが青物の魅力。

趣向を凝らしてロッドアクション無しに青物を攻略してみるのも面白いかもしれない。

関連記事

適材適所で使い分けよう!メタルジグと鉄板バイブの使い分け術

ショアからイサキを狙うにはこれ!実績抜群のおすすめメタルジグ3選

タグ: / /