トップページ>その他>派手なカラーが有利!?ヒラメ釣り用ルアーに必要な条件とおすすめ5選

派手なカラーが有利!?ヒラメ釣り用ルアーに必要な条件とおすすめ5選

タグ: / / / / / / /
アクセス 2018年05月06日

写真提供:鈴木 竜俊 様

近年ヒラメ狙いのアングラーが増え、さまざまな場面に対応したルアーが数多くリリースされてきた。

今回は、ヒラメ狙いのルアーに求められる条件を解説し、合わせておすすめの製品を紹介しよう。

ヒラメ釣り用ルアーに必要な条件

自重があり、飛距離が出る

ヒラメ釣り用ルアーにおいて自重が重要なのは、より飛距離を出さなければならないからである。

ヒラメ釣りの主なポイントであるサーフでは、波が高くて波打ち際から離れてキャストしなければならないことも多く、さらに飛距離を出してより広範囲を探ることが釣果につながる。

また、自重がある方がヒラメが身を潜めるボトムまでルアーを到達させやすいというのも大きな理由だ。

基本的には20g以上の自重があるルアーチョイスをおすすめしたい。

アクションが大きい

次に重要なのがアクションだ。

波の中でもしっかりと泳ぎ、かつ広大なサーフでヒラメにルアーを見つけてもらうためにも、ローリングやウォブリング、ウォブンロールなど大きなアクションをするルアーが有利である。

また、ある程度速いリトリーブスピードでもしっかりとルアーが泳ぐことも大切だ。

派手なカラー

前述のように、広大なサーフでヒラメにルアーを見つけてもらわなければならない。よって派手なカラーのルアーが効果的で、ゴールドやピンク系のカラーが定番だ

また、ヒラメは基本的にルアーを下から見上げているため、ルアーの腹側のカラーにも注意して色の選択をしよう

ボトムを狙えるルアーである

ヒラメは基本的にボトムにいる魚。ベイトフィッシュを追って上の層まで上がってくることもあるが、やはりボトムを狙うのが基本である。

ボトムから約50㎝程度をトレースすることができるルアーをメインに揃えよう。

水深によって使用するルアーをチェンジすることも重要だ。

ヒラメ釣り用おすすめルアー5選

ここまでに書いた項目を踏まえ、ヒラメ釣りにおすすめのルアーを紹介する。

シマノ「熱砂 ヒラメミノーⅢ」

飛距離、アクション、レンジなど、ヒラメを攻略するのに必要なあらゆる要素が詰まったヒラメ専用ミノー

高浮力なファットボディによるワイドなウォブンロールアクションとフラッシングでヒラメに強烈にアピールする。

アイマ「サスケ 140S裂風」

驚異の飛距離をたたき出す定番リップレスミノー。

シーバス用として有名だが、ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュにも大きな効果を発揮する。

ヒラメは140mmでも問題なくバイトしてくるので、このサイズで大きすぎるということはない。

DUO「ビーチウォーカー フリッパーZ36」

ヒラメに特化したジグミノーの定番になりつつあるのがこのルアー。

ミノーに比べて飛距離も出ながら、プラグ並みのアピール力を持つ。

風が強い中でも安定した飛距離を出したい時におすすめ

ダイワ「鮃狂(フラットジャンキー) ヒラメタル」

フラットフィッシュを狙うために開発されたメタルジグ。

アクションはリフト&フォールが一般的だが、このルアーはただ巻きでもスプーンのようなアクションをし、ヒラメに効果抜群だ。

より遠くのボトムを狙いたいときにおすすめで、

エコギア[ECOGEAR]・パワーシャッド

ワームはハードルアーにヒラメが反応してくれない状況で非常に効果的

パワーシャッドはあらゆる対象魚に対して使用することができるオールラウンドなワームで、ヒラメの実績も非常に高い。

フラットフィッシュに特化したジグヘッドリグで使用するのがよいだろう。

高実績のおすすめルアーでヒラメを攻略しよう

今回紹介したルアーはヒラメ釣果の実績が高いものばかり。

これらのルアーを駆使して、これからベストシーズンを迎えるヒラメ釣りを攻略しよう。

関連記事

【RyoHさんからの寄稿】ヒラメに高実績だったルアー3選!2018年も活躍間違いなしのオススメルアーを紹介

サーフゲームに求められるパワーや長さとは?ヒラメ専用ルアーロッドの選び方とおすすめ3選

あこがれの座布団級を狙え!ヒラメの釣り方徹底解説

タグ: / / / / / / /