テーマ別

トップページ>その他>あこがれの座布団級を狙え!ヒラメの釣り方徹底解説

あこがれの座布団級を狙え!ヒラメの釣り方徹底解説

タグ: / / / / /

アクセス 2017年11月16日

秋から冬にかけて脂が乗り非常に美味で、釣りのターゲットとしてもルアーや餌釣り問わずに大人気の高級魚「ヒラメ」。今回は、そんなヒラメの釣り方をルアー釣りから餌釣りまで幅広く解説していく。

秋から冬にかけて脂が乗り非常に美味で、釣りのターゲットとしてもルアーや餌釣り問わずに大人気の高級魚「ヒラメ」。

今回は、そんなヒラメの釣り方をルアー釣りから餌釣りまで幅広く解説していく。

目次

  1. ヒラメとは?
  2. ヒラメ釣りのタックル(ルアー編)
  3. ヒラメの釣り方(ルアー編)
  4. ヒラメ釣りのタックル(餌釣り編)
  5. ヒラメの釣り方(餌釣り編)
  6. ヒラメ釣りであると便利なアイテムまとめ

ヒラメとは?

獰猛なフィッシュイーター

ヒラメは、北海道~九州南岸に生息する扁平な体系が特徴的なカレイ目ヒラメ科の魚。

最大で1mほどに成長し、近縁種のカレイとは異なり、獰猛なフィッシュイーターである。

キスやハゼ類などの底生魚類はもちろんのこと、カタクチイワシやアジ等の浮魚も捕食する。

その見た目からか、底の方でじっと獲物を待つように思う方も多いが、実際には中層から表層まで小魚を追いかけて活発に捕食活動をし、瞬発力も高い。

時には水面を割って捕食を行う「ボイル」を見ることも出来る。よって、釣る際にはルアーや生きた小魚を使用する場合が多い。

「左ヒラメに右カレイ」は例外も!? 「カレイ」と「ヒラメ」の見分け方

ルアー釣りでも人気

近年ではルアーでの釣り方も確立され、非常に人気を集めているジャンルのひとつだ。

また、特に大型のものはその見た目から「座布団ヒラメ」とも言われ、逆に40cm前後の小型のものは「ソゲ」呼ばれる。

地域によっては種苗放流している場所も多く可食部も少ないため、なるべく小型のものはリリースするようにしたい。

食味も抜群な高級魚

夏場や産卵後は味が落ちるとも言われるが、非常にポピュラーな高級魚のひとつ。

綺麗な白身は絶品であり、希少部位として知られるエンガワ(ヒレの付け根にある部位)も、大型を釣れば存分に楽しむことができる。

釣ったら是非味わってみてほしい。

釣ったら絶対食べたい絶品魚! 「ヒラメ」の捌き方

ヒラメの釣れる時期

fish_schedule_hirame

ベイトフィッシュさえ居れば通年狙うことも可能だが、基本的に秋から冬にかけてがベストシーズンで食しても非常に美味な時期だ。

産卵期の釣果は地域によって大きな差があるので、情報収集を欠かせないようにしたい。

夏にはヒラメ用タックルで旬のマゴチを狙ってみるのもいいだろう。

ヒラメが釣れる時間帯

ヒラメが良く釣れる時間帯は朝、夕まずめ。このタイミングは魚の活性が上がるため、最も釣りやすい時間と言える。

もちろん日中でも釣れるが、その中でも潮の良く動く時合いに集中して釣りをするようにしよう。

夜は特に大型が狙える時間帯とも言われている。

その他にも、シーバス釣りの嬉しい外道として釣れることも珍しくない。

【次ページ:ヒラメ釣りのタックル(ルアー編)】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト