テーマ別

トップページ>その他>陸っぱりでルアー釣り! 「ヒラメ」の釣り方まとめ

IMG_4703

40316アクセス 2015年10月20日

陸っぱりでルアー釣り! 「ヒラメ」の釣り方まとめ

IMG_4703-720x540

秋から冬にかけて脂が乗り非常に美味で、ルアー釣りの格好のターゲットである高級魚「ヒラメ」。今回は、そんなヒラメをショアからルアーで釣る方法をご紹介しよう。

「ヒラメ」とは

ヒラメは、北海道以南に生息する扁平な体系が特徴的なカレイ目ヒラメ科の魚。最大で1mほどに成長し、獰猛なフィッシュイーターである。その見た目からか、底の方でじっと獲物を待つように思う方も多いが、実際には中層から表層まで小魚を追いかけて活発に捕食活動をし、瞬発力も高い。その性質からルアーで狙うには最適なターゲットである。

「ヒラメ」の釣れる時期

fish_schedule_hirame

ベイトフィッシュさえ居れば通年狙うことも可能だが、秋から冬にかけてがベストシーズンで食しても非常に美味。夏のヒラメは「猫またぎ(猫もまたいで通る)」などと言われるほど味が落ちるという。夏にはヒラメと同じタックルで釣ることができ、旬のマゴチを狙うのが良いだろう。

「ヒラメ」が釣れるポイント

ヒラメは主に砂泥地に生息しているため、サーフ(砂浜)で狙うのが一般的。防波堤でも底が砂地であれば十分狙うことができる。河口域もヒラメが釣れるポイントだ。ただの砂地でなく、所々に根が点在しているポイントが良い

「ヒラメ」が釣れる時間帯

ヒラメは朝マズメが一番釣れる。日中でも釣れないことはないが、食いは落ちる。

「ヒラメ」のルアー釣りに使用するタックル

i053_c_01

出典:ヒラメ(ルアー)|魚攻略ガイド

ロッド

SHIMANO(シマノ) ロッド ディアルーナ XR S1000ML
SHIMANO(シマノ) (2014-05-30)
売り上げランキング: 16,180

ヒラメのルアー釣りでは、基本的にシーバス釣り用のタックルを流用することができる。ただし、サーフではより飛距離があった方が幅広い範囲を探れて釣果を上げやすいので、ロッドは10ft以上の長めのものが好ましい。パワーはミディアムライト程度あれば問題ない。

リール・ライン

SHIMANO(シマノ) リール 15ストラディック 4000HGM
SHIMANO(シマノ) (2015-06-15)
売り上げランキング: 24,371

リールもシーバス釣り用のもので問題ない。シマノ製であれば3000~4000番程度、メインラインはPE1〜1.5号、リーダーは20lbもあれば十分だ。

ルアー

ルアーはミノーメタルジグバイブレーションワームなど様々なルアーを使用する。中層まで餌を追うことも多いので、フローティングミノーで釣ることができる。

風が強かったり、より遠くへルアーを飛ばしたい場合にはメタルジグやメタルバイブがおすすめ。食いが渋いにはワームが効果的だ。

【次ページ:「ヒラメ」の釣り方】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト