テーマ別

トップページ>エサ釣り>目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ

DSC00628

18250アクセス 2015年10月15日

目指せ爆釣! サビキ釣りで釣果を伸ばすコツ

DSC00628

出典:泉佐野食品コンビナートでサビキ釣り ミラーマンのたまには釣れてる釣り日記/ウェブリブログ

子供や女性、釣り初心者など幅広く楽しめ、ときには数多くの魚が釣れるサビキ釣り。釣り入門として最適の釣りだが、そんなサビキ釣りでもやはり釣れないときや、思うように釣果が伸びないときがある。

今回はそんなときに試してみたいサビキ釣りのコツを紹介する。家族での釣りや初心者との釣りで試してみよう。

サビキ釣りのやり方はこちらを参考に

これを読めば初心者でも釣れる! 手軽さNo.1の「サビキ釣り」の基本まとめ

サビキ釣りのコツ1「いきなり釣りを始めない」

初心者にありがちなのが、ポイントについたらすぐに竿を出して釣りを始めること。その場所があたりならいいのだが、他にもいい場所がないか確認してから始めたい。

まずは最初にコマセを少しずつ撒いてみて、魚が寄ってくるか、潮の流れは強すぎないかなどを確かめよう。複数人いれば情報交換しながら場所を決めるのも効果的だ。

サビキ釣りのコツ2「コマセを詰めすぎない」

サビキカゴにコマセ餌を詰めすぎると、餌が固まって出にくくなる。7〜8分くらいに抑えておき、スムーズに出るようにしよう。

サビキ釣りのコツ3「釣れないときは餌の消費量を抑える」

サビキ釣りに限らず釣りには時合があり、釣れないときはどんな達人でも釣れない。そんなときは餌の消費量を抑え、釣れる時合まで餌の量を維持するために、カゴにコマセを固めに詰めて餌の出るスピードを調整しよう。

【次ページ:底周辺を探る】

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト