トップページ>エサ釣り>実は美味しい絶品魚!「ウツボ」の釣り方とおすすめ調理法

実は美味しい絶品魚!「ウツボ」の釣り方とおすすめ調理法

タグ: / / /
アクセス 2015年10月28日

IMG_20150116_161415

普通は釣っても嬉しくない外道にも、食べてみると美味しいものがいる。

多くの魚と触れ合う機会がある釣り人なら、スーパーに並ぶような決まった魚ばかりを食べるなんてもったいない。

今回は底物釣りの外道として釣り人からは嫌われている「ウツボ」を紹介しよう。その外見から美味しそうには見えないが、一部の地域では食材として重宝され愛されている。

歯が鋭く、力が強く凶暴で「海のギャング」とも称されるウツボの食べ方、釣り方を覚えておこう。

ウツボとは

写真提供:てっててー 様

ウツボは、ウナギ目ウツボ科ウツボ属の1mほどになる細長い魚である。

日本海、南シナ海、太平洋の温かい水域に分布する。浅い岩礁域に多く生息し、エビ・カニなどの甲殻類、貝やタコなどを捕食する。

特徴としては、胸びれ、腹びれがなく、口には鋭い歯が並んでいる。

地域によって、ナマダ、キダカ、ウミウナギ、ジャウナギなどと呼ばれている。ウツボを好んで食べる地域と食べない地域があり、主に太平洋側で食されている。

特に好まれているのは、高知県、和歌山県、三重県、千葉県、静岡県といわれている。

ウツボ (鱓) – 魚図鑑 – 釣りの総合情報サイト「ツリホウ(釣報)」

ウツボの釣り方

ウツボは底が岩礁の堤防や磯で狙える。とても力強い引きで、掛かれば岩穴に潜ろうとするため、強いタックル、太いハリスが必要になる。

竿、リールは強い引きに耐えられるもの、道糸はPEなら3号以上、ナイロンなら10号以上あったほうが安心できる。

ハリスは根ズレに対応するためフロロもしくはワイヤー、針は底物用など軸の太いものが良い。

餌は魚の切り身や甲殻類など動物性のものなら何でも釣れるが、独特な匂いが出るエサ(サバ、イワシ、サンマ)などの切り身が一番良い。針先は少し出しておこう。

また、撒き餌をするとよって来るため効率的に釣ることができる。

上げるときに仕掛けに巻き付き、仕掛けがダメになることも多いので予備はたくさん準備しておくと良い。

ウツボの食べ方

IMG_20150116_232108

ウツボ料理として有名なものには、たたき、開き干し、佃煮、潮汁、唐揚げなどがある。弾力のある白身で分厚い皮には多くのコラーゲンを含んでいる。

一番おすすめの調理法は、皮目をあぶってその後冷やし骨を抜いて作る「たたき」で、身に旨みがあり、見た目からは想像できないほど美味しい。

クックパッドにも少ないがウツボを使ったレシピが投稿されている。参考にしてみよう。

ウツボのレシピ 7品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが219万品

ウツボの旬

ウツボは年中釣ることができ年中美味しいが、特に秋〜冬は脂が乗って美味しい。

ウツボの捌き方

  1. ウナギやアナゴと同じく目打ちをする
  2. 背中から尾ビレまで真っ直ぐ開く
  3. 背骨を剥ぐようにはずす
  4. 腹の中を綺麗に洗い流す

ウツボは歯が鋭く噛む力も強いので、しっかりと締めて捌くようにしよう。

またヌメリが強いので、ゴム手袋を付けて作業することをおすすめする。

ウツボ調理時の注意点

鋭い歯で噛まれないようにする

調理時と言うよりは釣りあげたときの注意点だが、ウツボは凶暴で噛みついてこようとすることもある。

なるべく素手ではなく、フィッシュグリップやペンチを使って安全に取り扱うようにしよう。

小骨に気を付けながら捌く

ウツボの身には硬い小骨が大量に存在する。この小骨を避けながら料理するのは難しく、上手に骨抜きするには熟練の技術がいると言われている。

自分で調理する際には手で骨の位置を確かめながら、多少の骨回りの身は犠牲にするくらいで良い。

処理に手間はかかるが味は最高なので頑張ろう。

狙って釣って食べてみよう

大量に釣れて危ない外道として嫌われてしまっているウツボではあるが、狙って釣るとパワフルな引きで面白く、しっかり処理すれば極上の食材となる素晴らしい魚だ。

狙ってみるのもよし、外道で釣れた場合も持ち帰って食べてみよう。

関連商品

タグ: / / /