テーマ別

トップページ>その他>暗闇でも楽しく釣ろう! 「夜釣り」を快適にするアイテムまとめ

6759858593_289e3e56a7_b (1)

14900アクセス 2015年10月12日

暗闇でも楽しく釣ろう! 「夜釣り」を快適にするアイテムまとめ

6759858593_289e3e56a7_b (1)

出典:Fishing under the bridge (CC BY-SA 2.0

昼間の釣りとは異なった楽しみや趣のある「夜釣り」。夜の方が釣れやすい魚も多く、楽しんでいる釣り人も多いだろう。

しかし、手元や足元が見えないことから不便なことも少なくはない。今回は釣り人の悩みを解消してくれる、夜釣りを快適にするアイテムたちを紹介しよう。

ヘッドライト

GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ 999H 【明るさ230ルーメン/実用点灯8時間】 HW-999H
GENTOS(ジェントス) (2013-03-01)
売り上げランキング: 128

まずは夜釣りで必須と言ってもいいヘッドライト。常に視線の位置を照らすことができるので、ライトを操作する手間がなくなる。

ヘッドライトはかなり安価ものもあるが、高いものは広い範囲を明るく照らすことができたり、防水加工がされていたりと非常に高機能。少々値が張るが、後々買い替える必要がないことを考えるとなるべく良いものを買っておきたいところだ。

もちろん電池がなくては使い物にならないので、釣行前には電池の残量を確認するか、予備を持っていくようにしよう。

ランタン

Coleman(コールマン) ランタン ノーススター2000ランタン 2000-750J
Coleman(コールマン) (2012-03-26)
売り上げランキング: 3,221

ヘッドライトがあっても、ライン結束の際に手元を照らすには少々心許ないこともある。こんなときはランタンがあれば、周囲を強力に照らしてくれるため非常に便利。

餌釣りなどでポイントを動かない場合はヘッドライトよりも便利なので、どちらが自分のスタイルにマッチしているか考えて選んでみよう。

ゴーグル

夏の夜釣りではヘッドライトを装着していると虫が集まってくる場合がある。ちょうど目の位置を飛び回るため非常に不快だが、ゴーグルをして目を保護しておくと快適に釣りができる。

長靴

昼間より圧倒的に視界の悪い夜は、足元の水たまりなどが見えないことがある。履いてきた靴を汚してテンションの下げないように、足元を気にしなくていい長靴を履いて夜釣りにいこう。

【次ページ : 中通し竿、携帯コンロ・ケトルなど】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト