寒い冬も釣りを楽しもう!「冬に釣れる魚」まとめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月22日 (最終更新日:2017年01月11日)

目次

  1. 冬の「ヒラメ」狙いのタックル・釣り方
  2. 冬の「カサゴ」狙いのタックル・釣り方
  3. 冬の「ヒイカ」狙いのタックル・釣り方
  4. 冬の「ヤリイカ・ケンサキイカ」狙いのタックル・釣り方
  5. 冬の「ワカサギ」狙いのタックル・釣り方
  6. 冬の「エリアトラウト」狙いのタックル・釣り方

ワカサギ

img_7215

冬の淡水魚でメジャーなターゲットといえばワカサギだろう。釣り初心者の人でも、凍った湖に穴を空けて釣りをするワカサギの穴釣りは見たことがあるのではないだろうか。

秋口から釣れ始めるが、一般的に11月後半から春先の時期が脂が乗っていて美味しいとされる。鱗が少ないためそのまま天ぷらにして丸ごと食べるとカルシウムも補給できる。

1日で3ケタ釣果は当たり前で、一度、一度で良いので釣ったワカサギを天ぷらにしてビールで流し込んでみてほしい。それはそれは、たまらない至福の時間を過ごすことができるのだ。

筆者談はさておき、道具さえあれば初心者でも簡単に釣れるため冬のオススメターゲットだ。

ワカサギの釣り方

タックル

ワカサギ釣りのシーズンになると、釣具店にワカサギ専用の短竿とリールがセットになっているものが売られているため、そちらを購入すれば問題ない。パソコンのマウス型の電動リールなどもあるが、値が張るため最初は安価なセットのものがおすすめである。

仕掛けも既製品が売られている。針のサイズや数など様々な種類があるが、まずは仕掛けが絡むのを防ぐためにも針数が少なめの5本針がおすすめだ。

また、釣れるワカサギの大きさに合わせて1.5~2.5号サイズの針のものを複数用意しておくと、幅広い状況に対応することができる。オモリは1~2号程度のものを揃えよう。

エサは紅サシや赤虫などの生き餌を使うのが基本。虫の両端にひとつずつ針をチョン掛けし、虫の中心を挟みでカットすることで一度に2本の針にエサを付けることが可能だ。

釣り方

繊細なアタリに注意

まず針にエサを付け、仕掛けを投入した後着底させる。着底後は糸を張り、竿を小刻みに上下させて誘い、数秒間止める動作を繰り返すのが基本だ。止めている間にアタリが出るので、穂先の動きに集中しておこう

アタリが出たら軽くあわせ、ワカサギの口が千切れないようにリールを巻く。ワカサギは口が非常に脆いため、注意が必要なのだ。

手返し重視で釣果アップ

ワカサギ釣りのコツは、地形変化などからワカサギの群れが通る場所や水深を見つけ出すことと、手返し良く釣りをすること。魚探があるといち早くワカサギの居場所を突き止めることができるのでおすすめである。

また、群れを見つけたらその群れからできるだけ多くの魚を釣るためにも、エサをつけたり魚を外す動作をスムーズに行うように心がけておこう。

詳しい釣り方は以下の記事を参考にしてほしい。

冬の風物詩「ワカサギ」の釣り方まとめ

【次ページ:冬の「エリアトラウト」狙いのタックル・釣り方】

タグ: