寒い冬も釣りを楽しもう!「冬に釣れる魚」まとめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月22日 (最終更新日:2017年01月11日)

目次

  1. 冬の「ヒラメ」狙いのタックル・釣り方
  2. 冬の「カサゴ」狙いのタックル・釣り方
  3. 冬の「ヒイカ」狙いのタックル・釣り方
  4. 冬の「ヤリイカ・ケンサキイカ」狙いのタックル・釣り方
  5. 冬の「ワカサギ」狙いのタックル・釣り方
  6. 冬の「エリアトラウト」狙いのタックル・釣り方

ヒイカ

slack-for-ios-upload

ヒイカは10cm程度の小型のイカ。冬に港湾部で狙えるため、その手軽さが魅力だと近年流行しているターゲットである。群れで行動しており、群れに当たると数釣りも楽しめるので初心者にも釣りやすい。

小型ではあるが刺身や沖漬け、煮ものなどは非常に美味。冬の手軽でおいしい数少ないターゲットである。

エギでのヒイカ釣り

タックル

近年では、2号以下の小型のエギを使用したエギングが人気。エサ釣りでは生きたエビなどを使用するため手間がかかるが、手軽さと手返しを重視するならばエギングがおすすめだ。

2号以下の小型エギを使用するため、タックルもライトタックルを使用する。ロッドは6~7フィートのアジングロッドやメバルロッド、小型のスピニングリールにPEラインの0.4号前後を使用する。

メバリングやアジングのプラグ、キャロ用のタックルがそのまま使用できる。

釣り方

基本的に夜釣りのほうが良く釣れる。日中の場合は底に沈んでいるため、底を中心に狙うと釣ることが可能だ。夜は常夜灯周りに浮いてくるため、表層付近を攻めるようにしよう。

アオリイカのエギングのような激しいシャクリは不要で、ロッドを軽く煽るくらいのアクションで構わない。2、3回アクションさせたら数秒フォールの繰り返しで誘う。

基本的にフォール中にアタリが出るので、フォール中も気を抜かずに竿先やラインの変化に注目しておこう。

詳しい釣り方は以下の記事を参考にしてほしい。

誰でも連発可能! 初心者にも釣りやすい「ヒイカ」の釣り方まとめ

【次ページ:冬の「ヤリイカ・ケンサキイカ」狙いのタックル・釣り方】

タグ: