寒い冬も釣りを楽しもう!「冬に釣れる魚」まとめ

タグ: / / / / / / / /
2016年12月22日 (最終更新日:2017年01月11日)

目次

  1. 冬の「ヒラメ」狙いのタックル・釣り方
  2. 冬の「カサゴ」狙いのタックル・釣り方
  3. 冬の「ヒイカ」狙いのタックル・釣り方
  4. 冬の「ヤリイカ・ケンサキイカ」狙いのタックル・釣り方
  5. 冬の「ワカサギ」狙いのタックル・釣り方
  6. 冬の「エリアトラウト」狙いのタックル・釣り方

カサゴ

img_1864

初心者にも釣りやすい魚として人気の高いカサゴ。冬は産卵期で大型の個体が沿岸域に接岸すると考えられているため、サイズ、数共に冬に狙うのには最適だ。釣り物の少ない時期に嬉しいターゲットだと言えるだろう。

食味も抜群で、刺身や鍋などで美味しくいただくことができる。

ルアーでのカサゴ釣り

タックル

ルアー釣りでは根掛かりの少ないワームを用いた釣りが主流になってくる。専用ロッドもリリースされているが、エギングロッドや長めのバスロッドなどで流用可能だ。

ラインはフロロカーボンの8lb前後、またはPEラインの0.8号前後に12lb程度のフロロカーボンリーダーをセットしよう。リールはハイギアタイプがおすすめだ。理由は後述する。

ワームはテキサスリグと呼ばれるバレットシンカーを通した後にオフセットフックというフックを結んだ仕掛けや、ジグヘッドというシンカーとフックが一体化したものにワームをセットしたジグヘッドリグというもので使用する。テキサスリグは根掛かりが少ない仕掛けなので、おすすめだ。

シンカーの重さは7gを基準に複数の重さを多めに用意しておこう。

釣り方

キャストして底に沈めたら、あとはズルズルと底を引いたり、ロッドを煽ってルアーを跳ね上げたりして誘う。カサゴは海底の根に潜んでいることが多いため、底を意識して釣りをすると反応を得られやすい。

アタリはフォール中や止めている瞬間に明確に出るので、一呼吸おいてから強めにあわせよう。あわせてからはできるだけリールを巻いて、カサゴを根から引きはがす。もたもたしていると根に潜ったまま出てこなくなってしまうので注意が必要だ。

このときにハイギアのリールを使用すると、より素早く魚を根から離すことが可能なのである。

エサでのカサゴ釣り

タックル

エサ釣りでは、テトラポットの間などに仕掛けを落としていく穴釣りが面白い。4~6フィートのバスロッドや穴釣りロッドに小型リール、ラインは根ズレを考慮して2~3号程度を巻いておこう。

仕掛けは市販のブラクリ仕掛けで十分。根掛かりの多い釣りのため、仕掛けは余分に用意しておくことをおすすめする。エサはサバやイカの切り身、アオイソメなどの虫エサを使用する。

釣り方

エサを用いた穴釣りでは、仕掛けをカサゴが潜んでいそうな穴に落として反応をみる。カサゴが居ればすぐに反応があるため、アワセて根に潜られる前に速く巻き取ろう。反応が無い場合には魚が居ない可能性が高いため、次の穴を探す。

カサゴが潜んでいる可能性が高いのは、入り組んでいて中が暗くなっている穴。それだけ根掛かりが多くなるが、果敢に攻めるとより釣果を伸ばすことができるだろう。

詳しい釣り方は以下の記事を参考にしてほしい。

カサゴのルアー釣り攻略法! 釣果向上やサイズアップのコツまとめ

テトラ周辺で宝探し! カサゴやメバルが釣れる「穴釣り」のやり方

【次ページ:冬の「ヒイカ」狙いのタックル・釣り方】

タグ: