テーマ別

トップページ>その他>釣っても食べちゃダメ! 食品衛生法により「流通禁止」の魚たち

2b8f1322

170139アクセス 2015年10月08日

釣っても食べちゃダメ! 食品衛生法により「流通禁止」の魚たち

2b8f1322

出典:船員28号の日々 : 脂ギッシュなムツ。

日本国内には食品衛生法という法律により、食用が禁止され流通しない魚が存在する。これらの魚は漁港、市場で発見され次第廃棄されることになっている。今回はそういった魚屋や寿司屋などでは絶対に見かけることがない魚たちを紹介しよう。

オニカマス

maxresdefault (3)

出典:2013 11 7 オニカマス 他 – YouTube

英名のバラクーダという呼び方で有名なスズキ目カマス科の魚。国内では南日本の内湾、サンゴ礁内に生息する2メートル近くになる大型の肉食魚で別名「ドクカマス」。釣りではトローリングの対象魚になっている。

この魚は、シガテラ毒を持つことで食用禁止にされている。食べた場合の主な症状は、温度感覚異常、関節痛、下痢、嘔吐など。国内で多くの食中毒事件を引き起こしている。

オオクチイシナギ

P8014429 (1)

出典:イシナギ特集: 浅ブロ(浅草釣具の日常)

大きいものは2メートル、200キロほどになるスズキ目イシナギ科の巨大魚。北海道~屋久島までの深海域に生息し、産卵期のは浅瀬に上がってくる。深海大物釣りの対象魚として有名。

この魚は、肉は美味で利用されているが、ビタミンAが大量に含まれるため肝臓のみ食用禁止になっている。食べてしまうとビタミンAの過剰摂取により、嘔吐、頭痛、皮膚の剥離などの症状が現れ、約1ヶ月ほど苦しむことになる。

【次ページ : バラムツとアブラソコムツ】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト