トップページ>ロックフィッシュ>ロックフィッシュ用リールに必要なスペックとおすすめ製品まとめ

ロックフィッシュ用リールに必要なスペックとおすすめ製品まとめ

タグ: / / / / / /
アクセス 2015年10月06日

BigShooterCompact_001

出典:Revo BIG SHOOTER COMPACT(レボ ビッグシューターコンパクト)|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

必死で潜ろうとする根魚とのファイトが楽しく、近年流行しているロックフィッシュゲーム。今回はそれに用いられるリールの必要スペックについて解説し、併せておすすめ製品を紹介しよう。

ロックフィッシュ用リールに必要なスペック

ロックフィッシュゲームでは、ピンポイントにキャストしたり、強引に根から引き離すパワーが必要だ。よってベイトリールが有利になる場合が多い。スピニングリールに比べ、アタリをよりダイレクトに感知することができるという利点もある。

ロックフィッシュ用リールを購入するときは下の項目を確認するようにしよう。

ギア比

ギア比はロックフィッシュゲームにおいて最も重要なスペックだ。購入すべきはハイギアのリール。を使用することで、できるだけ根から素早く引き離すことができ、キャッチ率も上がる。ラインスラックの回収やピックアップ時にも便利だ。

ラインキャパシティ

大型ロックフィッシュを狙う場合、20lb程度の太いフロロカーボンラインを多用する。ラインキャパシティが大きいリールを選択するのが良いだろう。

海水対応

ベイトリールでは、上記のスペックを満たしていても海水対応でないリールもある。比較的昔のモデルのリールには特に多いので、使用する際には海水対応かどうかを確認しよう。海水対応でないと、リール内部の腐食が進み、使い物にならなくなってしまう。

【次ページ:おすすめのロックフィッシュ用リール】

タグ: / / / / / /