テーマ別

トップページ>その他>雷魚釣り用リールに必要なスペックとおすすめ製品まとめ

abugarcia_ambassadeur_6500cs_custom_1_1_img_1

11582アクセス 2015年10月06日

雷魚釣り用リールに必要なスペックとおすすめ製品まとめ

abugarcia_ambassadeur_6500cs_custom_1_1_img_1

出典:Ambassadeur 6000シリーズ|AbuGarcia(アブ・ガルシア)|釣具の総合メーカー ピュア・フィッシング・ジャパン

フロッグに雷魚がアタックしてくる瞬間を見ることができ、さらにびっしりと生えた水生植物の中から大きな魚体を引きずり出す豪快さが魅力の雷魚釣り。

もちろん使用するリールも通常のものではパワー不足だ。今回は雷魚釣り用リールに必要なスペックと、おすすめの製品を紹介しよう。

雷魚釣り用リールに必要なスペック

ラインキャパシティ

シーバス釣りやバス釣りなどと比べ非常に太い、PEラインの80〜100lbを使用することの多い雷魚釣りにおいて、ラインキャパシティは最も重要なスペックといっても過言ではないだろう。

100lbのPEラインが80m程度巻くことができるかどうかを目安にしよう。

リールの耐性

足場の高い場所から雷魚を抜き上げたり、水生植物ごと寄せてくることもあるため、ギアやハンドル等に相当な負荷がかかる。軽量を謳うリールでは、シャフトやハンドルが曲がったりしかねない。なるべく丈夫なリールを選択しよう。

ドラグ

雷魚釣りにおいてドラグを使用することはほぼないため、ドラグ力は強い方がよい。大物とのファイト中にドラグがずるずると出ていってしまっては大変だ。

キャスト性能

固い雷魚ロッドで比較的軽量なフロッグをピンポイントへキャストする必要があるため、意外と重要なのがリールのキャスト性能だ。アングラーの腕でカバーできる面もあるが、ブレーキなどの性能が良いものが好ましい。

【次ページ:おすすめの雷魚釣り用リール】

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト