トップページ>ノット(結び方)>強力かつ結束強度が高い! PEラインとリーダーを結束する「アルバートノット」の結び方を紹介

強力かつ結束強度が高い! PEラインとリーダーを結束する「アルバートノット」の結び方を紹介

タグ: / /
アクセス 2015年05月07日

20150507165010

出典:Braid to Fluorocarbon Knot | Alberto Knot | Saltwater Experience – YouTube

現場でのラインの結束は、時合を逃すまいとの焦りや夜釣りの暗さ、船釣りの揺れなどでうまく結束できない場合がある。

そんなときに手軽にできて、かつ結束強度が高い結び方「アルバートノット」を紹介する。海外ではポピュラーな結び方の「アルバートノット」、簡単かつ強度も高いのでオススメの結び方だ。

慣れれば1分で簡単に結束できる「アルバートノット」

動画でわかりにくかった方のために文章で補足しよう。

アルバートノットの結び方

  1. ショックリーダーを曲げて二重にする。
  2. 2本の間に道糸を下から上に通す。
  3. 3本の重なったところを指で押さえながら、二重にしたショックリーダーに通した道糸の短い方を8回ほど巻きつける。
  4. 8回巻きつけてきた方向と逆の方向に、重ねて10回巻きつける。
  5. 2で通した方向と逆(今回は上から下)に巻きつけた糸を通す。
  6. 結目がぐちゃぐちゃにならないように、気をつけながら4本のラインを引き絞る。
  7. 余ったラインを切る。

かんたんに結束できる

以上の手順で簡単に結束できる「アルバートノット」、見た目で強度に不安がある方は最後にハーフヒッチなどで補強してもいいだろう。

釣行に行く前に、家で練習をしてマスターしてみてほしい。

関連記事

釣種別に紹介! おすすめのソルトウォーター用PEライン5選

関連商品

タグ: / /