ヤマガブランクスから「ブルーカレント Ⅲ」が登場!ついに第三世代へ突入した高性能ライトゲームロッド

タグ: / / /
2019年12月21日

出典:2020New Model BlueCurrentⅢ 63 実釣動画 – YouTube

ヤマガブランクス[YAMAGA Blanks]からライトゲームロッド「ブルーカレントⅢ」が登場した。

同シリーズを長らく牽引してきたブルーカレントⅡから、さらなる進化を遂げて生まれ変わった第三世代モデルだ。

ブルーカレントシリーズとは

出典:2020New Model BlueCurrentⅢ 63 実釣動画 – YouTube

ブルーカレントシリーズとは、同社が誇る大人気のライトゲームロッドシリーズだ。

ライトゲームに必要な要素を高次元で備えており、多くのアングラーに愛されている。

またジグ単ゲームのショートレングスモデルから、ギガアジ狙いのパワーモデルまで幅広く展開されていることも大きな魅力だ。

注目のジグ単モデル「ブルーカレントⅢ 63」

出典:2020New Model BlueCurrentⅢ 63 実釣動画 – YouTube

本シリーズより、6フィート3インチの新スペック「ブルーカレントⅢ 63」が新たにラインアップされた。

同製品はジグ単での釣りをメインに、プラグも快適に操作できてしまう汎用性の高いモデルとなっている。

ブルーカレントシリーズのコンセプトである「軽い」「よく飛ぶ」「強い」「曲げて獲れる」という要素をしっかりと継承した一本だ。

今回は第一弾として、ブルーカレントⅢ 63の実釣動画が公開された。

動画内ではショートレングスながら十分な飛距離を出し、あらゆるルアーを軽快に操作できる様子がわかりやすく収録されている。

またロッドパワーも申し分なく、引きの強いヒラセイゴを楽々と釣り上げるシーンは必見だ。

ブルーカレントⅢのラインアップ

出典:2020New Model BlueCurrentⅢ 63 実釣動画 – YouTube

ブルーカレントⅢはスピニングモデルが8機種、ベイトモデルが3機種の全11機種が展開予定となっている。

63以外のラインアップ詳細は追って公開される見込みだ。

同メーカーは2020年のフィッシングショーへの出店も決定しており、会場に行けば注目の新製品を実際に触れるかもしれない。

ブルーカレントⅢの発売日

2020年3月発売予定

この記事を読んだ人が次に読むのは

汎用性が高いのはどっち?メバリングロッドとアジングロッドの違いとは

【実釣レビュー】2万円台で最高の使い心地!新ジャンルのライトゲームロッド「インスピレーション」が凄かった

タグ: