テーマ別

トップページ>ブラックバス>連載 : 編集部員おすすめバス釣りルアー【第10回 エバーグリーン キッカーフロッグ】

18140059_08

1649アクセス 2015年10月03日

連載 : 編集部員おすすめバス釣りルアー【第10回 エバーグリーン キッカーフロッグ】

18140059_08

出典:EVERGREEN(エバーグリーン インターナショナル) – キッカーフロッグ

編集部員おすすめのバス釣りルアーを紹介していく本連載。第10回目は、バス用フロッグとしては定番のフロッグと言えるであろう、エバーグリーン[EVERGREEN]の「キッカーフロッグ」をご紹介しよう。

「キッカーフロッグ」の特徴

ガチガチの専用タックルでなければならないと思われがちなフロッグゲーム。キッカーフロッグは、そんなフロッグゲームをより身近なものにするというコンセプトのもと開発されたフロッグである。

バス専用のフロッグなので、フックには強度は保ちつつ細見のシングルフックを採用。フックポイントが一点になることによってアワセた時の力が集中し、フッキング率が格段に向上した。また、操作性も高いため、初心者にも容易にアクションさせることができる。

とりあえずフロッグゲームに挑戦してみたいという方にも、やりこんでさらなる釣果を求めている方にもおすすめなフロッグなのだ。

「キッカーフロッグ」の使い方

使い方は通常のフロッグと同じで、ヒシモやゴミ溜まりなどの上を通したり、アシ際をピンスポットで撃っていく使い方が基本だ。

アクションはドッグウォークが基本ペンシルベイトとは異なりドッグウォークさせにくいフロッグも多いが、キッカーフロッグは誰にでも容易にドッグウォークさせることができる。

2~3回のドッグウォークの後、数秒のポーズを入れてやるのがキモだ。そうすることでバスに食わせる間を与えてやることができるため、しっかりとバイトさせることが可能。

バイトしてきたら即アワセるのではなく、ひと呼吸おいてから力強くフッキングしよう。

さらに詳しいフロッグの使い方は以下の記事を参考にしてもらいたい。

夏のバスは「フロッグ」で攻略! トップウォーター攻略法まとめ

「キッカーフロッグ」の推奨タックル

ライトカバーやヒシモ、ゴミ溜まり等を攻める場合はヘビーアクション以上のベイトロッドに、60~80lb程度のPEラインが好ましい。専用ロッドでなくとも大丈夫だ。

30lb程度のナイロンラインでも釣りは可能だが、ラインの性質上伸びやすく、遠くでバスがバイトしてきたときにフッキングに持ち込みづらい

雷魚も混生するようなヘビーカバーならば、やはり雷魚専用タックルが望ましい。雷魚は現在減少傾向にある魚なので、大切にするという意味でもラインブレイクは避けなければならない。よってラインもPEの80~100lbを用意しよう。

「キッカーフロッグ」のスペック

全長(mm) 重量(g) 価格(円)
58 13.5 1,200

フロッグゲームはまずこのルアー

バイトシーンが見えるフロッグゲームは非常にエキサイティングな釣り。キッカーフロッグは、そんなフロッグゲームの入門に最適なフロッグのひとつなので、ぜひ一度使ってみよう。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト