アジングの準備はOK!?この冬も楽しめそうなライトゲーム偵察釣行レポ

タグ: / / /
2019年12月08日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

すっかり冬らしくなってきましたね。

朝晩の冷え込みが厳しくなると、気になるのがアジング事情。

最近の淡路島アジングはどんな感じかな?とチェックしてきたので実釣レポです!

11月、夕マヅメ、漁港、無風

晩秋の夕マヅメ、夕食のおかずを確保しに漁港へ。

空は気持ちよく晴れ、風はなし。絶好のアジング日和です。

水も綺麗に澄んでおり、視界も良好。

約半年ぶりとなるアジング、とりあえず様子をみたいところ。

エステル、ジグ単、ワームの王道リグで

どんな感じに攻めようかな〜と思いつつ、とりあえず1匹釣って様子をみたいところ。

ということで、タックルセッティングは手堅めに。

フロードライブヘッド0.6gにアミアミ1.5インチ。個人的に淡路島の漁港におけるアジングで王道の組み合わせです。

ワームカラーはとりあえずクリア系を選んでおけば間違いない・・・ということで実釣開始です。

日が暮れるまで、小アジが入れ食い!リトリーブでもフォールでも

まずはレンジを探らなきゃ・・・ということで表層から刻んで探っていきます。

カウント5秒、反応なし。カウント10秒、反応なし。カウント15秒、コッ!

イイところに掛けられて満足、12cmくらいの小アジでした。

レンジはカウント15秒より深めのようで、カウント40秒まで沈めても同サイズ。

アクションはロッドでサビいて横の釣りも良し、少しリフトアップさせてからのフォールで縦の釣りも良し。

これまでアジングにおける縦の釣り、フォールで食わせるっていうのがどうしてもイメージしにくかったんですが、今秋のメッキ100匹チャレンジを通してメタルジグによる縦の釣りを習得してからというものイメージはバッチリ。

関連記事:初心者が1シーズンにメッキ100匹釣ってみた!

メタルジグを動かす要領でジグヘッドを動かします。

トントントンとリフトアップさせてからラインを張らず緩めずのテンションフォールで穂先がモゾッ!

だる〜くリトリーブして連発するときもあるけど、今日はちょっとワームを見せてから落としても反応してくれました。

結果、1時間で7匹。リハビリ釣行でした

サイズアップこそ望めなかったものの、ポツポツと拾い釣りした結果1時間で7匹。

今回は数にこだわるというよりも、アジの付き場を探すことを中心に小規模なランガンを3〜4ヶ所して様子をみました。

結果、同じような堤防でも外海の潮が入ってくるポイントのみで反応があり、湾奥側はアタリすらなし。

サイズはまだまだ小さいですが、12月に向けて20cmクラスの群れがコンスタントに入ってくることに期待したいところです。

以上、「アジングの準備はOK?この冬も楽しめそうな偵察釣行レポ!」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ブログだけでなく、インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているのでよかったらフォローしてみてくださいね!

ブログ→「淡路島ライフ

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: