サワラキャスティングゲームも終盤戦!ゲキ渋の時に必殺ルアーとアクションとは

タグ: / / /
2019年12月01日

11月初旬に肉離れを起こし、治りかけた中旬に親不知が痛みだした宗Death!だうも。

サワラキャスティングゲームも終盤戦に差し掛かり、以前の様にはいかなくなって来ましたが、釣って楽しい!食べて美味しいサワラの貯蔵が底をつきそうだったので、またもや林遊船さんに行ってきました!

7:00〜・曇りのち晴れ・小潮

平日にも関わらず、大賑わいの林遊船さん。この日も乗合船は満員でした!

天気予報では朝マズメのプライムタイムは曇りだったので、早々にサワラをキャッチしてオカズを確保する気持ちでいましたが、予報よりも早く晴れ間が見え始めて気持ちに暗雲が立ち込める。

それでも活性が高ければ跳ねも見えると思いきや、小潮の為、潮の流れも弱く魚のテンションがあからさまに低いのが一流し目で丸分かり………

この日の目標は、「パズデザイン 」のバックウォッシュ110s のジャーキングで釣果を出す事が目的だった為に、フラフラしているサワラに見つけて貰えたらとジャーキングを繰り返していると、ミヨシに立っていた釣り仲間のタムsanにサワラがヒット!

事前に伝えてあったゲキ渋の時に投げる「スピンテール」のボトムから巻き上げてカーブフォール中のヒットだった。

この日一日、ゲキ渋決定!!!

ミノーは早々に諦めて、釣りやすい時間帯にオカズ確保優先!

直ぐに真似をして、200円で購入したスピンテールテールのカーブフォールでサックリと1匹ゲット!

お隣の方もスピンテールで釣っている!完全にパターンですね。ただ………この釣り………

地味なんです!!飽きるんDeath!!

時折ミノーに望みを託したり、もう1匹釣りたいとスピンテールに付け替えたり…

結局、日が高くなる時間帯は活性も更に下がり追加のサワラは出せませんでした!!

最後の方はデカイナブラを見付けるもシーバスと太刀魚のナブラで、遠くにサワラが飛んでいる様子。

ルアーが届かず回遊してくるのを待ち構え、いつ魚が近くに来てもいいようにミノーをジャークしていたのですが、周りは太刀魚やシーバス 狙いにシフトしていたので、私も疲れて納竿の時間を迎えました。

今年の東京湾奥サワラキャスティングも終わる気配ですが、12月にもう一度、サワラを狙いに行ってみたいと思います!

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: