1つのワームで3つのアクション!釣果を分ける使い方を紹介

タグ: / /
2019年11月04日

どうもCCBです!

今回は、香川県にあるメジャースポット「府中湖」に行った時の釣行を書いていこうと思います。

最後まで読んでいただけると嬉しい限りです。

って事で、まずは府中湖に行くキッカケというか…実は、CCBが運営しているバスフィッシングチーム「BOKUTACHI。」のチャンピオンシップがあるからです。

1年間の予選を勝ち上がった選手が凌ぎを削り戦う様子は、陸王さながらw

カメラマンもつけて、撮影してきましたよ!

って事で、その内容は動画を上げるつもりなので、それをご覧くださいね!

勿体つけて、言わない奴 m(_ _)m

それよりも大会が終わった後の話をお伝えします。

前置きが長くなったので、早速いきましょう。

1つのワームで3つのアクションが可能!?

エントリーしたのは、大根ワンドと呼ばれる場所。

水深はあまりないのですが、明確なブレイクがあるので、そこにフィーディングしてくる魚を狙っていきました。

選んだのは、ゲーリーのベビーファットイカ!

の商品画像

参考価格 : 1992税抜円

皆さん!ファットイカといえば、バックスライドのイメージが強いと思うのですが、オイラは色々使いまわします。

使い方①バックスライド

  • 安定の使い方だと思います。対岸のシェード打ちをするのに使いました。

使い方②リップラップを利用した穴釣り

  • ネイルシンカーをお尻に差し込んで、ストンッと縦に落ちるようにチューニング!

出し入れしているとリアクションで、カッ飛びバイトですよw

使い方③ペンシルベイト

  • バックスライドように付けていたフックを反対側につけて、フサフサの触手が後ろに来るようにセッティングします。

そうすることにより、ジャークする時に移動距離を少なくし、水押しを強く出してくれます。

この日は、リアクションを入れないと中々口を使うってくれる魚が少なかったので、以上の3つの使い方を考えて使いました。

1つのワームで、いろいろな使い方を考えると楽しいですよね!

  1. 食わせ系のフリーフォール!
  2. エビが、穴に逃げ込むリアクションの釣り!
  3. 小魚のパニックアクションを表現したリアクションの釣り!

もしかしたら、この大会、オイラが出てたら優勝かもw

みたいな釣果を叩き出し、めっちゃ楽しかったです笑笑

皆さんも1つのアクションに拘らず!

いろいろ試してみてね〜!

それでは、また!

この記事を書いた人

CCB

CCB

岡山県の自称"釣りバカおじさん"。バスからフカセまで、幅広い釣りに精通。トーナメントにも参加する本格派アングラー。
タグ: