アカカマスとヤマトカマスの見分け方を解説!美味しいカマスをひと目で見分ける方法とは

タグ: / /
2019年11月08日

堤防釣りの人気ターゲットであり、ルアーへの反応も良いことでも知られるカマス。

アングラーの間ではひと括りにされがちであるが、よく似た2種類のカマスがいることをご存知だろうか。

今回は日本近海に多く生息するアカカマス、ヤマトカマスの特徴と、両者の見分け方を解説していく。

アカカマスとは

本カマスと呼ばれており、カマスのなかでもっとも一般的な種であるアカカマス。

成魚はヤマトカマスよりも大きく、最大で50cm程度まで成長する

堤防釣りの対象魚として人気の魚であるが、大型青物のベイトとしても重要な役割を果たしている魚だ。

アカカマスはアブラカマス、シモフリカマスとも呼ばれており、脂乗りが非常に良い魚だ。

スーパーでもよく見かける魚であるが、新鮮なものは高級魚として扱われている。

さまざまな料理で美味しく食べられるが、中でも炙りは絶品で一度食べたら病みつきになってしまう。

ヤマトカマスとは

水カマスと呼ばれており、身が柔らかいことで知られるヤマトカマス。

アカカマスと比べるとややサイズが小さく、大きくても40cmぐらいまでにしかならない。

夏から秋にかけてよく釣れ、大きな群れに当たれば一日で100匹オーバーの釣果が上がることもある。

ヤマトカマスは水カマスと呼ばれる通り、身質が柔らかく水分が多い魚だ。

アカカマスと違い生食には向かないが、干物や塩焼きにすると美しくいただける。

アカカマスとヤマトカマスの見分け方

腹びれの位置で見分けよう

アカカマスとヤマトカマスは非常によく似ているが、腹びれの位置が異なることで見分けられる。

アカカマスは写真のように、腹びれが背びれよりも前に位置しているのがわかるだろう。

対してヤマトカマスは、腹びれが背びれと同じかやや後方に位置する

背びれよりも腹びれが前にあればアカカマス、ほぼ同じ位置かやや後ろにあればヤマトカマスであると覚えておこう。

ウロコで見分けよう

アカカマスとヤマトカマスはウロコの大きさでも見分けられる。

アカカマスは上の写真のように一枚一枚がしっかりしているのに対し、ヤマトカマスの鱗は細かくて剥がれやすいという特徴を持つ。

小型の場合はウロコが小さいため難しいが、30cm以上の大型であればこの方法でも見分けられるだろう。

博識なアングラーになろう

カマスは釣って楽しく食べて美味しい癒やしのターゲットだ。

判別を間違うと危険ということは一切ないが、ひと目で判別できるアングラーはごくわずかだろう。

本記事を参考に魚の知識をつけ、博識なアングラーとして周囲に得意気な顔ができるようになれば幸いだ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

エサは必要なし!初心者でも楽しめる「カマスサビキの釣り方」徹底解説

カマスに狙いにおすすめのルアー5選!幅広く揃えて数釣りを堪能しよう

似ているけどここが違う!クロダイとキチヌを見分ける3つのポイント

タグ: