秋が最盛期!「タチウオ」の釣り方徹底解説

タグ: / /
2017年11月08日

目次

タチウオの釣り方(船-餌釣り編)

船の餌釣りでは、テンヤを用いた釣り方が人気だ。

タックル

ロッドは2m前後の先調子のものがよい。専用ロッドが販売されているためそちらを選ぶようにしよう。

リールは浅い水深のポイントならば手巻きの両軸リールでよいが、深場の場合は手返し等を考慮すると電動リールが楽でおすすめである。

ラインはPEラインの3~4号を200mは巻いておこう。

歯で切られないようにワイヤーリーダーもしくは6~8号程度のリーダーを結束する(ワイヤーリーダーが禁止の遊魚船もあるので要確認)。

用いるテンヤの重さは水深等によって異なるため、あらかじめ船宿に確認するようにしよう。

餌はイワシやサンマ、キビナゴなどが人気が高く、最近では様々な餌が販売されている。

ロッドとリールを用意できない場合は、レンタルタックルを用意してくれる遊漁船もあることを覚えておこう。

タチウオテンヤのやり方

テンヤの誘い方には様々あるが、基本的にはただ巻きとシャクリの2つと思ってよい。どちらもアクションの合間でテンヤを止めて食わせの間を入れるのがコツだ。

大きなアタリがあった時には素早くアワセてフッキングさせよう。

アタリがあっても乗らない場合には、アワセるのではなく巻きアワセに変更してみることをおすすめする。

【次ページ:タチウオ釣りであると便利なアイテムまとめ】

タグ:
ツリバカメラ