秋が最盛期!「タチウオ」の釣り方徹底解説

タグ: / /
2017年11月08日

目次

タチウオの釣り方(船-ルアー釣り編)

次に紹介するのは船でのタチウオ釣り。船から狙う場合はメタルジグを使用したタチウオジギングが有名だ。

ゲーム性が高いうえに引き味も良く、入れ食いも珍しくないタチウオジギングは、時期になると各地で賑わう釣り方である。

タックル

ロッドはタチウオジギング専用ロッドが市販されているが、6フィート台のライトジギングロッドやタイラバロッドも使用可能だ。

柔らかいタイラバロッドではジグを操作し難いため、パワーのあるものを選ぶようにしよう。

リールもタイラバ用リール等を流用可能だ。PEラインの0.8~1号前後を200m以上巻けるものを選ぼう。

ショアのルアー釣りと同じく、リーダーの先にワイヤーリーダーや太いリーダーを結束すると歯で切られにくくなる。

ワイヤーリーダーを禁止している船宿もあるため、事前に確認することを忘れないようにしたい。

ルアーはメタルジグを使用。ジグの重さは地域や水深によって様々で、船の中でお祭りを防ぐためにある程度重さを合わせる必要がある

カラーはピンクやパープル、アカキン、グロー等の実績が高いが、これも場所やその日によって細かく変化する。

ヒットカラーをロストした時に備えて、多めにカラーを揃えると安心だ。

カエシ付きのフックを使用すると、釣った後のフックを外す作業で手こずることが多い。

釣り上げたタチウオはよく暴れるため、歯が手に当たり怪我をしてしまうこともしばしばだ。

手返しの良さや安全性を考慮して、市販されている専用のバーブレスフックを使用しよう。

タチウオジギングのやり方

タチウオジギングでは、どの層にタチウオが居るのかを探るのが釣果のカギとなる。

まずは底を取り、シャクリ上げていくことでどの層でアタリがあるのかを確認しよう。

基本はロッドを1回シャクルごとにリールを1回転させるワンピッチジャークだが、ワンピッチジャークのスピードでも反応が変わってくるため、様々なパターンを試すことも重要だ。

また、その日のヒットカラーを見極めることも忘れないようにしたい。同船者の釣れたカラーに合わせると釣れる場合も多くある。

【次ページ:タチウオの釣り方(船-餌釣り編)】

タグ:
ツリバカメラ