秋が最盛期!「タチウオ」の釣り方徹底解説

タグ: / /
2017年11月08日

目次

タチウオの釣り方(ショア-ルアー釣り編)

道具がシンプルかつ、近くの防波堤で釣れるとあって、最も手軽にタチウオを狙うことができるルアー釣り。

シーバスタックルやエギングタックルが流用可能なため、手持ちのタックルで狙ってみるのも良いだろう。

タチウオが釣れる場所

タチウオはフィッシュイーターのため、小魚の集まるポイントに集まる習性がある。回遊性の魚のため、潮通しの良い防波堤やサーフが主なポイントとなる。

夜間は常夜灯があればそこに小魚が集まるので、タチウオが小魚を狙ってその周辺に回遊してくる可能性は高い。

タックル

8~10フィートのシーバスロッドやエギングロッドに3000番程度の中型スピニングリールのセットがおすすめ。

海のルアー釣りをしている方の多くは持っているタックルであろう。

ラインはPEラインの0.6~1号。20ポンド前後のフロロカーボンリーダーを結束する。

また、タチウオは歯が非常に鋭い魚。リーダーの先に5~30cmワイヤーリーダーや50ポンド以上太いリーダーをセットすると、歯で切られてバラしたり、ルアーをロストすることが少なくなる。

ルアーはミノーやバイブレーション、メタルジグ、ワームなど様々なルアーで狙うことが可能だ。

近年では、ワームをエギングのようにシャクって狙う「ワインドゲーム」という釣りが流行している。

ルアーでの釣り方

ルアー釣りでは、主にミノーやバイブレーション、メタルジグ、ワームを使用する。

重要なのはいかにタチウオがいる層へルアーを通すかだ。

ミノーは表層付近を、バイブレーションは全層を一定に、メタルジグは一投で様々な層を探ることが可能だ。それぞれのルアーの特性を生かして、タチウオがいる場所を見つけよう

ミノーやバイブレーションはただ巻き、メタルジグはシャクってフォールさせるの繰り返しが基本となる。

ヒットしたら慎重にリールを巻いて取り込もう。それほど大きなサイズでなければ、抜き上げても問題ない。

流行中のワインド釣法

ワームをエギングのようにシャクって狙う釣り方。ワームがダートする動きが食い気のない魚にもスイッチを入れてしまうようで、他のルアーには反応が無い時にも効果的だ。

【次ページ:タチウオの釣り方(ショア-餌釣り編)】

タグ:
ツリバカメラ