釣り時季が「みっぴ&SFAほちこの美味しい秋イカを求めて」を公開!みっぴ氏がインターラインロッドを使用する理由とは

タグ: / / / / /
2019年10月23日

出典: みっぴ&SFAほちこの美味しい秋イカを求めて~平戸ランガンエギング – YouTube

九州発信の釣り情報番組である「釣り時季(つりとき)」が、「みっぴ&SFAほちこの美味しい秋イカを求めて」をYouTubeのチャンネルにて公開した。

長崎県平戸にて、食べて美味しい秋のアオリイカをあの手この手で狙うという放送回だ。

「みっぴ&SFAほちこの美味しい秋イカを求めて」

本動画に登場するアングラーはみっぴ氏とダイワ・スーパーフレッシュアングラーの田上みずほ氏(ほちこ)のふたり。

長崎県平戸は水深があり流れも強い地域なため、あの手この手で秋イカを追い詰めていく。

ダイワから新しく発売されたエギ「エメラルダス ステイ」がハマったシーンも見逃せない。

まだ秋のイカを釣っていない方は、みっぴ氏&SFAほちこ氏の立ち回りや、エギの大きさ・種類のローテーションなどを参考に、秋イカ攻略への一歩を踏み出してほしい。

みっぴ氏がインターラインロッドを使用する理由

みっぴ氏が動画内で使用していたロッドは上記の「エメラルダス MX 83ML・E」。

みっぴ氏はエギングをはじめてからずっとインターラインロッドを愛用しているという。

インターラインロッドのデメリットよりも、夜や強風時でもストレスフリーに使えるメリットの部分に価値を見いだしているようだ。

秋のエギングを楽しもう

秋のエギングは一年を通して最も初心者に優しいといえる。

みっぴ氏&SFAほちこ氏の姿を参考に、秋のエギングを目一杯楽しんでほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【迷ったらこれ】ダイワのエギおすすめ5選!それぞれの特徴と使い分け方法を解説

秋エギング釣果アップの秘訣!小型エギの強みを生かす使い方とは

目指すはキロアップ!秋エギングで大きなアオリイカを釣る4つの方法

タグ: