ジグ単におけるアシストフック導入のススメ!アジングのファーストステップ講座

タグ: / / /
2019年10月23日

アジングの基本であるジグ単の釣りにおいて、魚からのアタリは頻発するものの「なかなかフッキングしない」、「アワセを入れてもノラない」、「ジグヘッドを交換しても同じ」という経験をした方も多いことだろう。

そこで今回は、フッキング確率を爆上げするアイテム「アシストフック」について紹介していこう。

アシストフックとは

アシストフックとはその名の通り、メインフックをアシストする目的で作られたアシストライン付きのフックの事だ。

ジギングなどのメタルジグの場合はアシストフック自体がメインフックとなる場合もある(フロントやリアアイに取り付ける)。

アジングのジグ単におけるアシストフックはそれらの製品とは一味違い、ジグヘッドのフックに結んで使用する。

ジグ単用アシストフック

豆アジを釣る際に大活躍

小型のアジは果敢にジグヘッドへアタックしてくるものの、口も小さく口切れもしやすいため、フッキングは容易ではない。

そんな状況に最適なのがジグ単用のアシストフックであり、豆アジを狙いでの必殺アイテムとなる。

表層を巻く釣りに有効

ジグ単でのアジングでは、表層付近を巻いてアピールするパターンが有効な場合に遭遇することもある。

表層を巻くという事は常にジグヘッドを引っ張っているため、アジがワームを吸い込みづらい状態に近い。

この場合メインのジグヘッドのフックにはフッキングせず、アシストフックがエラ付近や下アゴなどにフッキングするケースも多い。

取り付け方法

出典:サポートフック 鬼爪 即掛スペシャル 42288 | 製品詳細 | がまかつ

  1. アシストラインの輪っかジグヘッドのフックに通す
  2. アシストフックを締めすぎない程度に引く

※取り外す際は、輪っかに付いていたヒゲの部分を引けば輪っかが広がる

ジグ単用アシストフックのデメリット

  • ワームに巻き付いたりジグヘッドに絡むトラブルが若干増える
  • またワームを取り替え時に一度取り外す必要がある
  • 非常に小さく軽いアイテムのため、落下などで紛失しやすい
  • 大型の個体が掛かるようであればラインブレイクのリスクが高まる

ジグ単用アシストフックのデメリットは主に上記の点が挙げられる。

アシストフックのみが外掛りでフッキングしている状態の場合、魚の泳ぎの自由度が増して引きがより強くなることも覚えておこう。

おすすめのジグ単用アシストフック

カルティバ 「マイクロアシスト」

アシストラインがショート・ロング・段差(2本針)の3種類から選べる。

特筆すべきはバーブレスが採用されている点であり、刺さりが非常によい。

がまかつ 「鬼爪(オニヅメ)」

ノーマル型の即掛スペシャルとは別に、ティンセルスキン付きの豆アジスペシャルまでがラインアップしている。

パッケージからの取り出しやすさはピカイチで、刺さりもがまかつクオリティだ。

ゼスタ「Star Claw」

リーダーのフロロラインに色付きのカモフラージュピンクが採用されており、魚に気づかれにくい密かな工夫がされている。

フックはオーナー製なため、刺さりも文句なしのアイテムだ。

ジグ単用アシストフックを使ってみよう

ジグ単用アシストフックはフッキングが難しい豆アジに対して大きな武器となる。

あくまでも補助的な役割と考え、魚の大きさによって使い分けて欲しい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

よく耳にする「ジグ単(ジグたん)」ってなに?アジングのファーストステップ講座

【実釣レビュー】2万円台で最高の使い心地!新ジャンルのライトゲームロッド「インスピレーション」が凄かった

アジングで初めて使うジグヘッド形状はコレ!アジングのファーストステップ講座

タグ: