トップページ>ショアジギング>初心者でもジグを遠投できる「ペンデュラムキャスト」のやり方

初心者でもジグを遠投できる「ペンデュラムキャスト」のやり方

タグ: / / / / /
アクセス 2015年09月25日

20150924113930

出典:ペンデュラムキャスト – YouTube

手軽に大物とファイトできるショアジギングを始めたものの、いまいち遠くまでメタルジグを投げられない初心者は多いのではないだろうか?

そんなときは初心者でも簡単に真似でき、かなり遠くまでジグを遠投できる「ペンデュラムキャスト」を試してみよう。

細かいコントロールはできないキャスト方法だが、ショアジギングのようにピンポイントを狙う必要のない釣りでは便利なキャスト方法だ。

「ペンデュラムキャスト」のやり方

解説入りでわかりやすいペンデュラムキャストの動画、こちらも非常に参考になる。かなりジグを前後に揺らすため、必ず周囲の安全を確認してからキャストしよう。また周りに釣り人がいるときはお祭り(釣り糸が絡まること)になる可能性があるため、控えた方がよい。

  1. タラシはかなり長くとり、ロッドを立てたときにジグがロッドの第一ガイドと第二ガイドの間やリールの位置まで垂れるように準備する。
  2. 足を前後に開いて体を半身にし、後ろの足に体重を乗せておく。
  3. ジグを前方に振り子のように振って、ロッドに重みがかかったところで振り子のリズムに合わせて真っ直ぐにテイクバック(振り被る)
  4. うまく振り子のリズムに合わせることができると、最大まで振りかぶったときにロッドにジグの重みが乗ってるはずなので、テイクバックした軌道をなぞるように力を抜きつつ素早くキャストしよう。

振り子の反動を使ってロッドを曲げ、反発を簡単に活用することのできる「ペンデュラムキャスト」、失敗しなければ70m前後は安定して飛ばせ、3mのロッドと30gのジグなら100mは簡単に届く。

遠投で青物ゲット!

青物がいるポイントまでジグを飛ばせるかが重要なジギング。バットパワーを使ったペンデュラムキャストなら体力を消耗せずジグを遠投することができる。初心者にこそマスターしてほしいキャスト方法だ。

動画で使われているタックル

タグ: / / / / /