【実釣検証】エサを使わずに爆釣!釣りの聖地・五島の堤防でルアーを投げ倒した結果

by 釣りの聖地・五島市
タグ: / / / / /
2019年11月02日 (最終更新日:2019年11月14日)

目次

  1. 秋といえばショアジギング!時間帯に関係なく青物が狙える
  2. 不意の大物に注意!ライトルアーで五目釣りに挑戦
  3. 五島は夜釣りも面白い!アジングとエギングにチャレンジしてみた
  4. これぞまさに釣りの聖地!アングラーにやさしい要素が充実

ライトルアーで五目釣りに挑戦

旅行がてらに軽く楽しみたい方は、ライトルアーを使った五目釣りがおすすめだ。

対象魚はロックフィッシュや小型回遊魚など、常に何が釣れるかわからない楽しさがある。

ルアーはおもにワームや10g以下の小型メタルジグなどを準備した。

水深が浅いポイントでは、小型プラグを使ってメッキやチヌを狙ってみるのもおすすめだ。

今回はエギングタックルとアジングタックルを使用したが、持ち運びやすいパックロッド等でも楽しめる。

海底には魚がいっぱい

堤防に着くなり足元にワームを落とすと、元気なオオモンハタが姿を見せてくれた。

五島はロックフィッシュを狙うアングラーが少なく、磯に入らなくても非常に魚影が濃い

また近年では生息するハタ類の種類が増えており、南方系の珍しい魚と出会える可能性もある。

お次は小型メタルジグをキャストすると、カサゴとイトフエフキが同時にヒット

このような珍しい釣れ方が体験できるのも、魚影が濃い五島ならではだろう。

珍しい魚も登場

続いては珍客のミノカサゴが登場。

とても美しい魚であるが、トゲに毒があるので扱いには注意が必要だ。

このようになかなか出会えない魚との出会いも、豊かな資源を誇る五島の魅力のひとつといえる。

不意の大物に注意

ライトルアーでは30cm程度までの魚が釣れることが多いが、ときには予期せぬ大物がヒットすることもある

ワームをキャストして探っていると、ショアジギングに引き続き50cmオーバーのカンパチがヒット。

ライトタックルを使用していたため、非常にスリリングなやりとりを楽しめた。

ポイントを移動すると、足元のカケアガリでまたしてもカンパチがヒット。

この他にもライトタックルでは太刀打ちできず、姿を見る前にバラしてしまったシーンが何度かあった。

旅行がてらに手軽な釣りを楽しむつもりが、五島ではこのような不意の大物が掛かってしまうことがたびたびある

【次ページ:五島は夜釣りも面白い!アジングとエギングにチャレンジしてみた】

タグ: