空振りしたはずのポイントが大当たり、再び!銀ピカのサケが釣れた時間や状況とは

タグ: / /
2019年10月14日

前日も釣りはしましたが、かっつさん5本、Iさん2本、自分はボウズでした涙

今回の状況

  • 天気:曇り雨
  • 潮汐:大潮
  • 干潮:9時29分
  • 満潮:3時12分
  • 風速:2m
  • 波高:0.2m
  • 周期:2秒
  • 気温:16〜19℃

サケはかなりいたが・・・

今日は前日と同じポイントに入ることを決めており、3時から待機。時折、足元で跳ねもあり、4時にフカセを投入した。

明るくなるにつれて跳ねは一時的だが落ち着いていた。

サケがポツポツ釣れはじめるかと思いきやそうでもなく、5時半過ぎてからかっつさんに1本、すぐにIさんも1本キャッチ。

足元から10メートルの範囲で婚姻色の強いサケが一面に泳いでおり、その下やすぐ側に銀ピカのものも回遊している。

岸から5メートル程の場所でウキが沈み、小型ではあったが銀ピカのメスをキャッチ。

その後も状況の割りには落ち着いており、予報通り雨も降りだす始末。

Iさんに特大のオスと、かっつさんがメスを1本上げてから周りもほぼ釣れなくなってしまった。

それでもサケは挑発してくるように跳ねやもじりを繰り返すが、口を使わず苦戦。しかし1本目と同じ位置で色のかかったオスをキャッチ。

10時まで粘ったが追加はなくポイント移動となった。

この近辺での全体は15~16本程?でした。

3人の釣果で1人2本づつ、計6本でした!

1時間弱で次のポイントに到着し、遠くで綺麗なサケが跳ねていたがエサを切らしていた為、近くの釣具屋で購入してから開始。

投げたいところにはなかなかうまく飛ばせなかったが、12時40分頃にヒット!

綺麗なオスでした(^.^)

この後は1匹バラシから14時半に納竿しました。

この記事を書いた人

Take

Take

札幌在住で、季節に応じた魚を追いかけている。ショア(陸)、オフショア(船)のどちらも楽しむアングラー。夢はオヒョウを釣ること。
タグ: